開封府~北宋を包む青い天 あらすじ35話

「すべてを知る男」

張子雍(ちょうしよう)は拷問の悲痛な叫び声が聞こえてきて、それが張東の蛇の毒にやられた叫びだと信じ込みます。

包拯は張東の命を救えるのはあなただけだ。ここに毒消しがあり、

自供すれば張東は助かりますと告げます。

子雍は、張東は韋文卿の居場所を知らぬと自供します。

王朝と馬漢は仲立ちを務めた男・韋文卿の隠れ家に急行します。

同じ頃、張東から事情を聞いた張徳林も、息子を守るため韋文卿の行方を捜していました。

その頃、獄中で陳世美と酒を酌み交わしていた子雍は、私の釈放は お前次第だ。私のために死ねと言ったら?どちらかが死なねばならないとしたら?と聞きます。

陳世美は、死ぬ?私が死にます。忠義のためなら喜んでと答えます。

張子雍は、分かった ならば死んでくれ。替え玉を手配したのは自分であったと告げ、お前の望み通り主席となったぞと告げます。

張子雍は酒の杯に毒を塗って陳世美を殺そうとした時、包拯が気がつき現れます。

包拯は事件の全貌を知る韋文卿と対面し、これまで何人の不正に加担した?聞きます。

韋文卿は、言わなければ私は助かる。もし言えば陛下だけでなく包拯殿や大勢の役人から命を狙われる!と名前は言わないのでした。

そんな中、自供を始めた韋文卿の口から出たのは、朝廷を揺るがす恐るべき事実でした。

包拯は仁宗に、韋文卿の供述を見せます。

仁宗は朝廷の半数が関与を知って、朕は欺かれていた。いくら節制しても虫に食われるばかりだ!国庫は空っぽなのに3年分の税にあたる銀子が不正に使われている。心臓をえぐり出してやりたい!と激怒します。

包拯は、名前の出た者は100人を下らない。裁かねば天下が乱れますと告げます。

子栄は、役人が これほどやりたい放題なのは背後に黒幕がいるからですよと見逃すことを勧めます。

包拯は、王延齢と父上?と問います。

子栄は、2人は大勢の味方を有し兵権も握っています。我々の味方は陛下だけ…何を使い 戦えと?と聞きます。

包拯は、法です。范殿のような清廉な官吏も大勢います。正義は勝つのです。全員は無理でも 罰を与え規律を正しましょうと言います。

子栄は、甘いですね…たとえ1人でも不正があったと暴けば范殿の責任が問われます。兄1人ならともかく100人となると無理でしょう。

この帳簿を表沙汰にするかは包拯次第ですと言います。

包拯は、それでも私はこの罪を公にしますと意見を曲げないのでした。

つづく

開封府~北宋を包む青い天 あらすじ35話

(感想)

皇后は仁宗と周児のことを知って、父張徳林に言いつけてたね。

周児の身が危ないんじゃないかしら?

包拯は仁宗に、今回は味方にはなれないと見放され、

たった1人で不正に立ち向かうなんてことができるのかしら?

三国志ー趙雲伝ーあらすじ48話

「軍師が託した袋」

飛燕は耿純を刺し殺し父の仇を取ります。

柳慎は耿純に成りすますと趙子龍を殺したと言って敵の軍営に門を開けさせます。

子龍は趙範の策を見破り、桂陽を手に入れます。

劉備(りゅうび)は孫権(そんけん)から孫権の妹、孫尚香(そんしょうこう)との縁談が持ち込まれ、受けることにします。

劉備は婚儀のために護衛の子龍を連れて呉(ご)に向かいます。

荊(けい)州に来た馬玉柔(ばぎょくじゅう)は、諸葛亮(しょかつりょう)から子龍は呉に行ったと知らされる。

自分も呉に行くと言う玉柔に、諸葛亮は自分が書いた策が入った3つの袋を子龍に渡すようにと託し、緑の袋はすぐ開けさせるように。

年の暮れに黄色を開け、赤は呉を出て危機に瀕した時に開けるように伝えてほしいと言います。

馬玉柔は呉に着くと劉備に諸葛亮の命で、私がいれば危険は及ばぬとおっしゃってましたと話します。

劉備は子龍と馬玉柔を伴って喬国老(きょうこくろう)を訪ねます。

子龍は主公の婚姻で我々は来ましたが、出迎えや祝いの雰囲気はなく民もしらぬようでした。呉の君主がなぜ吉事を隠されるのかわかりませぬ。事情を聞いていただけないかと頼みます。

喬国老は、私は すでに隠居した身だ。だが呉国太に口添えをすることでお二人が晴れて結ばれるのであれば私は徳を積むことになる言ってくれます。

つづく

三国志ー趙雲伝ーあらすじ48話

(感想)

呉国太に何か事情がありそう😨

馬玉柔があまりにも軽衣にそっくりだからこそ、子龍は軽衣との

ことを思い出しちゃうんだと思う💦💦

仮面の王イ・ソン あらすじ17話

ファグンは花畑に火を放ちます。

世子とチムの花畑で働かせられていた少女たちを追っていたテモクの手下たちが、花畑から火が上がっていることに気づき、火を消すために戻ります。

そのおかげで世子は少女たちを無事に助け出すことに成功します。

一方、辺首会の頭テモクはチムの花畑が燃えていると伝えられ、すぐに馬を準備させ自ら花畑に向かいます。

辺首会の心臓を燃やされたテモクは、ファグンが辺首会にとって重要な花畑を焼いたと知り、たとえ孫娘だろうと裏切り者は許さぬと激怒し斬り殺します。

テモクは手下に、すぐに世子を殺せと命じます。

ウ・ボは、世子が毒に侵されると肩に名前の文字が現れることを本人に教えます。

チョンウンは、その文字で世子様の身分を証明できるのではありませんか?と尋ねます。

ウ・ボは、胎壺があるなら まだしも自分の証言だけでは身分の証明は難しいだろうと告げます。

その頃、護衛のコンはファグンの亡骸に、世子を守るとファグンの命令に従うことを誓います。

ウ・ボたちは世子に、いよいよ王宮に戻ってテモクと対決すべきだと訴えます。

世子は、父上が王になるためテモクと手を結び兄の王を殺めたと…だから私には資格がありませんと答えます。

世子はウ・ボに、謀反を企て兄を殺した先の王の子である私が本物ですか?私に代わりテモクの傀儡(かいらい)となったイソンが偽物ですか?誰が本物の王で 誰が…偽物ですか?と問い苦悩します。

一方、カウンは父の墓参りに行き、そこで世子と偶然再会します。

2人は見つめ合い、抱きしめ合います。

カウンは、私もチョンス様をお慕いしておりますと伝えます。

私には王になる資格があるのだろうかと苦悩する世子にカウンは、

世子様は苦しむ民を決して見捨てたりしません。以前 生活の場を奪われそうになった市場の人を救ってくださいました…あの時は皆の幸せそうな顔が今も目に浮かびます。内乱を防ぐために王位を諦めたと伺いました。王位に就く絶好の機会を民のために放棄なさった方が世子様です。王になる資格がご自分にないとおっしゃいますか?資格とは民を愛するそのお心ではないでしょうか…世子に生まれだからといって王となる資格があるのではありません。大切なのは民を慈しむ

世子様のお心ですと話します。

そこに、チョンウンが現れ、メチャンさんが女官たちの手を借りて

胎壺を探してみるそうだと伝えます。

カウンは、以前世子様のお母様が 必ず温室にある胎壺をチョンス様に渡すよう頼まれたことを話し、王宮に戻って探してみると言います。

王イソンは世子が生きていることを知ってテソンと取り引きを持ちかけます。

王イソンはカウンを王妃に迎えると言います。

一方、世子はコンからファグンがテソンに殺されたと聞かされます。

世子は、ウ・ボたちを呼び集め、辺首会を倒すために王になるつもりだと宣言します。

つづく

仮面の王イ・ソン あらすじ17話

(感想)

ファグンが祖父のテソンに殺されちゃうなんて…予想外だわ!😱

ファグンの短い人生が世子を守るためだったなんて😭😭

でも、ファグンの死とカウンの言葉で世子は王になる

決意をしたのよね~~