開封府~北宋を包む青い天あらすじ45話

「若者たち」

青女は媚薬を飲ませた李太妃を非難します。

李太妃は、駙馬と結婚して3年もたつのよ。貞操を守るのは一体 誰のため?周児に嫉妬をして私に告げ口てきたのも陛下のためでなく

自分のためでしょ!陛下と結ばれようだなんて身の程知らずね。分をわきまえて!長公主になれたのたから満足しなさい!これ以上の高望みは許されないの!と叱責します。

李太妃は、あなたは十分幸せよ。少なくとも夫がいる。それに比べ

私は?と涙を流します。

張徳林もまた李太妃を訪ね、昨日 子栄を夕餉にお招きいただき お礼を言いに来ましたと言います。

李太妃は、その様子では私に何やら不満がありそうねと言います。

張徳林は、2人に何を飲ませたのですか?と尋ねます。

李太妃は、私が作った汁物よ。何か問題でも?と聞きます。

張徳林は、2人は一晩中 剣舞と琴を…と話します。

李太妃は、それだけ?私の宴は無駄だったようねと答えます。

張徳林は、なぜ そんなことを?と尋ねます。

李太妃は、我が息子のためよ。ちょうど私も張殿に話があったの。

陛下に皇后を冷遇させていいの?と聞きます。

張徳林は、あなたの子のために私の子を害するのは承服できませぬ。子栄は いずれ陛下に周児を返すつもりです。あなたのせいで子栄は陛下に恨みを買うところだったと話します。

李太妃は、皇后が寵愛を得られないのは周児のせいよ。周児が子を産んだら張殿は どうするつもり?子栄と陛下の約束など知らない。でも張殿と陛下の関係がどうなるかは分かるわ。あなたの息子と娘を

私はどうすべきだと思う?と問います。

張徳林は、あなたはどうすべきだと?と問い返します。

李太妃は、皇后が陛下の子を産み両家の跡取りができたら陛下の好きにさせるわ。でも それまで 勝手は許されない。お互いに息子たちを監視しましょうと提案します。

張徳林は、承知しましたと答えると立ち去ります。

その頃、老臣たちの勢力を削いで新政を始めようと頭を悩ませていた仁宗に水害を知らせる急報が届きます。

災民救済と匪賊討伐は王延齢と張徳林の手に託されます。

仁宗と張子栄、そして陳世美は、この機を利用し、ある賭けに出ることを決意します。

一方、韓琦に秦香蓮母子と共に監禁されていた包勉は脱出を試みますが失敗します。

つづく

開封府~北宋を包む青い天あらすじ45話

(感想)

包拯の甥の包勉は、素直で純粋な人だけど、あまりにも

世間を知らないのね~😅

三国志ー趙雲伝ーあらすじ58話

「子龍 花婿になる」

諸葛亮は馬超を味方に引き入れるため策をめぐらします。

諸葛亮(しょかつりょう)は宝月に、婚礼の輿に乗りますか?と尋ねます。

子龍が好きな宝月は勘違いし、子龍を説得してくださるのですか?と聞きます。

諸葛亮は戸惑いながら、それは…実を言うと相手を欺く策です。張魯配下の楊松に銭を送る役目をお願いしたいと頼みます。

宝月は、子龍が新郎役なら何でもやります!いいですよ!とうれしそうに承諾します。

諸葛亮は、では楊松に話をつけておくので銭を輿に隠していって楊松にお渡しをと言います。

子龍はその話を聞くと、他に漢中へ入る手立てはないのかと渋い顔をします。

柳慎は子龍に、ただのフリだ本当の婚姻ではないと説得します。

宝月と趙子龍は、花嫁、花婿に扮し嫁入りの輿の中に金銭を隠し漢中

に向かうことになります。

漢中から追い出され孤立した馬超は、宝月の説得を受け、劉備への帰順を決意します。

馬超は子龍に、私がここへ来た理由が分かるか?1つは宝月に説き伏せられた。これなら そばに居られる。2つ目 私は お前に会いに来た。妹のために。妹は何も言わないが私には分かる。南徐で別れて以来 妹は思い人の再会を願っている…子龍…今がその時だ〝主君のために戦う時に女のことは考えられぬ〟そう言いたいのだろう。だが今は違う。軍のことは私が替わろうと言います。

そんな中、子龍たちは、曹軍の夏侯淵と高則が陽平関にいることを伝えられ、高則が生きていると知ります。

つづく

三国志ー趙雲伝ーあらすじ58話

(感想)

馬超が私の好みなの‼️💕💕💕💕

馬超と宝月ってお似合いですよね~~