「擇天記(たくてんき)?宿命の美少年」を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ!
U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。
見落とした方はどうぞ!(2019年7月3日 23:59まで配信)
↓ ↓ ↓
U-NEXTで 「擇天記?宿命の美少年」を視聴する!第1話無料です♪

擇天記(たくてんき)宿命の美少年あらすじ36話

「帝星にかかる影」

回復した長生は妖族の地で修練を重ねていました。

そんな長生に落落はいつも以上に張り付いていました。

長生は落落に、僕に隠し事をしているだろ!本当に女神の座を引き継ぐだけなのか?嘘だな…何か隠してると問い詰めます。

落落は、考えすぎだってば。いつもの私でしょとおどけてみせます。

長生は、落落 何があっても忘れるな。弟子の君を見捨てやしない。僕が必ず守るよと言います。

落落は、分かってるわ。私は師匠の一番の弟子 落落だもの!と答えます。

長生は、だったら正直に話すんだ。あの日 何があった?と問います。

落落は、何もないってば。深く考えすぎよ。妖族の地に来たんだし案内してあげると連れて行きます。

唐棠と軒轅と七間も妖族の地に着き、長生と落落との再会を喜びます。

その頃、黒袍と南客たちが密かに白帝城へと潜入していました。

白帝の命を狙う魔族は唐海を使い、唐棠から周独夫の法具である紅銅傘を奪います。

紅銅傘は命星と命星の主を遮断できるため、命星から力を得ている白帝にとって紅銅傘を使われることは致命的なのでした。

一方、軒轅は落落が長生を助けるために、代償を求められているはずだという噂を聞いて心配になります。

軒轅は落落に、姫様に何があろうとも俺がそばでお守りしますと伝えます。

長生は妖族の経脈を完全に治す新たな方法を思いつき、神識を高めて経脈を突く方法を白帝に授けます。

白帝は長生に、死が怖いか?と尋ねます。

いいえと答える長生に白帝は、ならばなぜ宿命を変えてまで生きようとする?と問います。

長生は、怖くはなくとも 普通の人のように味わって見たいです。人生の喜びや悲しみを。一生 悔いが残らぬように…と答えます。

白帝は、だが命運とは最もつかみどころがなく予測のつかぬもの。命運の支配を逃れたことすら それも命運なのだ。起こるべくして起こる。形を変えてなと話します。

長生は、詳しく教えてくださいと頭を下げます。

白帝は、そなたは星図の力を借りて自分の血脈を通じさせ、星辰の力を抑えたのであろう?実はずっと天象を観察しておるが そなたの

寿命は今も20歳前で止まっている。つまり20歳までには死ぬということだ。それは何も変わっていないと告げます。

そして満月の夜、突然命星を感じられなくなった長生は、白帝に危機が迫っていることを知り、紅鋼傘を奪い返せば形勢は逆転すると

唐棠たちに話します。

つづく

擇天記(たくてんき)宿命の美少年あらすじ36話

(感想)

唐棠も人がいいから唐海に騙されちゃったのよね~

落落が健気すぎて心配だわ…😨😨😨


「擇天記(たくてんき)?宿命の美少年」を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ!
U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。
見落とした方はどうぞ!(2019年7月3日 23:59まで配信)
↓ ↓ ↓
U-NEXTで 「擇天記?宿命の美少年」を視聴する!第1話無料です♪

擇天記(たくてんき)宿命の美少年あらすじ35話

「落落の決意」

長生は全ての感覚を失ってしまいますが、それでも修行の努力はし続けます。

師匠である長生の痛ましい姿を見かねた落落は力を振り絞り長生を背負って妖族の聖地である神山へ向かいます。

長生は神識を使って落落に、僕が愛するのは1人だけ…と伝えます。

落落は、分かってる。有容さんでょ。そんな話はやめて歌でも歌うわと言います。

苦労して辿り着いた神殿にいたのは不思議な力を持つという女神でした。

女神は、はるばる ここへきたのは その少年を救うためか?と問います。

落落は、五感を失った師匠を助けてくださいと懇願します。

女神は、全ての草や木は いずれ枯れる。人の生死も草木と同じだ。

それを知っていてなぜ抗おうとする?と問います。

落落は、受け入れられないんです。師匠はみんなを何度も救ってくれた。だからどうしても師匠を救いたい。たとえ限られた命でも幸せに生きてほしい!師匠には その権利があると訴えます。

女神は、この者の宿命は私でも変えられぬ。私にできるのは五感を戻すことだけ…だが それを望めば そなたは 大きな代償を払う。治すには女神の神魂を使うしかない。だが私の神魂はすでに尽きた。そなたが新たな女神となり自分の魂で救うしかないのだ…私の後を継ぎ妖族の女神となれ。だが女神は人を愛することができぬ。それでも構わぬか?と選択を迫ります。

落落は、私は師匠を忘れるの?と聞きます。

女神は、覚えてはいるが愛する気持ちは消える。そなたにとっては愛も親しみも感じない赤の他人となるのだと言います。

落落は、そんなのダメよ…師匠の温もりや師匠の香り…言葉も笑顔も大切な思い出なのに…と動揺します。

女神は、女神になれば そんなものは消える。愛を失うとは記憶も失うことよ。嫌なら 帰るがいいと言います。

落落は、私は師匠を救いたいの。師匠を救えるなら構いませんと決意します。

女神は長生の心にある未来を落落に見せます。

落落は長生の相手は自分ではではなく、長生と有容の娘の名が〝思落〟落落を思うということを知り決意します。

長生は動けるようになり落落に、よほどの代償がなければ治せないはずだと尋ねます。

落落は、長生に本当のことは話さないのでした。

一方、我が子であるはずの長生よりも星盤大陣が大事だと言う聖后の天海幽雪の言葉を聞いた徐有容は、聖后が星盤操られているのではないかと疑念を抱き始めます。

そんな時、魔族と結託した罪で投獄されていた唐海の前に黒袍が現れ、お前を救いたい。お前の望みも叶えてやると告げます。

つづく

擇天記(たくてんき)宿命の美少年あらすじ35話

(感想)

落落って大人だわ~ 長生のために女神になっちゃう…😭😭

落落の母親も、親の鏡のような人よね‼️この2人の母娘関係が素敵ですよね👍

唐家の養子の唐海はまた魔族と結託する気かしら?

唐棠も苦労するね😨😨😨

開封府~北宋を包む青い天あらすじ57話

「侠とは、義とは」

張徳林は周児に、子栄がお前を娶ったのは いずれ陛下に お返しするためだ…その間 張家は喜んで お前を嫁として迎えた。慈悲を施したかどうかはともかく お前に対して申し訳ないことはしていないと話します。

周児は、張家から受けた恩はお返ししますと答えます。

張徳林は、お前の恩返しなど必要としておらぬ。ただ張家を潰すな。

それは、お前が煽ったからだ。子栄は陛下を殺す気などない。王徳に

毒を盛らせ陛下が召し上がる前に救う算段だった。范仲淹の罪に仕立ててなと明かします。

周児は、私も子栄を信じますと答えます。

張徳林は、だが お前は陛下に伝えたと言います。

周児は、突然のことだったので参内して知らせるしかなかったのです。まさか監禁されるとは思っていなかったと答えます。

張徳林は、問われぬはずの罪が、今や鉄板のごとく揺るぎない事実となり私は挙兵に追い込まれた。お前が私の退路を断ったのだぞ。今日

ここへ来たのは お前に告げるためだ。明後日が最後の刻限である。

何が起こるのかは誰にも分からぬ…陛下が私の娘と息子を盾とするならば私もお前に何をするか分からんぞと言い放ち出て行きます。

一方、秘密の抜け道から皇宮を脱出した仁宗は、各地の軍への救援を求める文を王延齢より受け取ります。

包拯は仁宗から王延齢の文を託され、展大侠と展無為、四鼠の江湖の侠客の前で、民のためにも仁宗の危機を救ってほしい。不公平を正す刀は諸君たちの手にあり、私の手には法がある。諸君にお願いしたい。天下の民のためにその刀を振るってくれと訴えます。

同じ頃、宮門を守る范仲淹は張徳林を説得するも交渉は決裂します。

ついに張徳林が皇宮を攻めると宣言した期限を迎えます。

その日の朝、張子雍の守る南門の前に侠客たちが集結、そして包拯が陣太鼓で侠客たちに号令をかけるのでした。

同じ頃、宮門では、范仲淹と張徳林の兵が睨み合っていました。

包拯たちは張子雍らは攻め込まれ、包拯に向かって矢を射ります。

張徳林は南門を侠客たちが攻めていると伝えられると、皇宮を攻めるように命じます。

つづく

開封府~北宋を包む青い天あらすじ57話

(感想)

侠客たちと包拯の頭脳を使った戦が胸を打つ‼️

天大侠って、あんなにカッコよかったっけ❓

今まで気がつかなかった💕💕