「擇天記(たくてんき)?宿命の美少年」を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ!
U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。
見落とした方はどうぞ!(2019年7月3日 23:59まで配信)
↓ ↓ ↓
U-NEXTで 「擇天記?宿命の美少年」を視聴する!第1話無料です♪

擇天記(たくてんき)宿命の美少年 あらすじ51話

「最後の決戦」

唐棠は莫雨を迎えに行き、寒淵にいる皆と合流し、一緒に教宗と戦おうと言います。

莫雨は唐棠に、結婚してくれる?と聞きます。

唐棠は、それは俺が言わなきゃ。俺に嫁いでくれる?と問います。

莫雨は、喜んでと答えるのでした

2人は星空の下で愛を誓い合い夫婦となります。

しかし、翌朝 教宗に勝負を挑んだ莫雨は深手を負い、意識が戻らず
唐棠、長生、有容たちは目覚めることを祈ります。

教宗の手に玉璽が渡り、長生と有容は先に戻ります。

その頃、魔族の地では、魔族の王太子の身分に戻った汗青が、魔君を殺し王座を奪おうとしていました。

その頃、教宗は三族の統一を図るべく、魔族に続き妖族も支配しようと企みます。

一方、妖族の地では落落が母に、立派な女神になって妖族を守ってみせるわと神殿に行こうとしていました。

軒轅は長生たち人族が心配で白帝と共に神都に行くから、落落について行けないと告げます。

白帝と軒轅は国教学院まで来ると、様子が一変していました。

そんな中、長生が2人の前に現れます。

そんな暴走する教宗を倒すため、長生は丹炉峰で結界を破った時のように、仲間たちの命星をともし力を集めて星盤大陣を攻撃する作戦を立てます。

教宗は長生を殺そうとした時、有容が助けに来ますが、代わりに有容が教宗に捕まってしまいます。

つづく

擇天記(たくてんき)宿命の美少年あらすじ51話
(感想)

莫雨って美人だよね〜〜最初はそんなに感じなかったけど…