明蘭〜才女の春 あらすじ39話

「愛の告白」

明蘭は顧廷燁に、私が我慢して賀家に嫁ぐと決めたら?と問います。

顧廷燁は、私は妥協しない男だ。そなたも同じ。従順そうに振る舞っているが中身は頑固だ。だから戦で留守の間に曹家という〝駒”を使った。時を稼ぐためだ。もし賀家を選んだら次の手を使うと言います。

明蘭は、よく言うわ。文炎敬の件がなければ困ったはず。私の一途な心を天が哀れみ文炎敬を遣わしてくれた!如蘭の密会を知った夜もうれしくて眠れなかった!戦の時ですら これほど頭を働かせたことはない。そなたのためにあらゆる兵法を使ったと言います。

明蘭は顧廷燁が最初から自分を娶るつもりで周到に計画をしていたことを聞かされ、私何だと?罠にかかった猪だとでも?あなたなんかただのならず者よ!と立ち去ります。

一方、斉衡は母・平寧郡主から顧廷燁が明蘭を娶ると聞いて、飛び出して行きます。

斉衡は顧廷燁を訪ね、私の気持ちを知りながらなぜ明蘭を?魂胆は?と問います。

顧廷燁は、まだ明蘭を好きなのか?知らなかった…お前は妻を亡くして屋敷に籠り学問に励んでいた。もう諦めたのかと…ただの勘違いだ恨まんでくれと言います。

斉衡は、如蘭を娶れず仕方なく明蘭にしたそうですね!ただの代わりなら身を引いてくださいと頼みます。

顧廷燁はー先に身を引いたのは お前だ。あの時 私は邕王など恐るなと言ったはず。お前が決意すれば私は命がけで2人を結びつける気だった。だがお前は恐れをなして諦めた。今さら私を責めるのは筋違いだと言います。

斉衡は、諦めていません。科挙に受かったら堂々と盛家に婚姻を申し込む気でしたと答えます。

顧廷燁は、明蘭の対面を考えてみたか?お前と明蘭の仲は都中で知らぬ者はいなかった。お前は明蘭を捨て県主を娶っても平気だろう。だが小役人の庶子は皆に何と言われたと思う?それに本気なら妻が死んだらすぐ求婚するべきだった。なのにお前は科挙の結果を待っていた。今年 不合格ならあと3年6年と待たせるのか?お前が出世するまで待てとでも?私がまるで横取りしたような言い方はやめてくれと言います。

そして斉衡は、盛家の大奥様に会いに行きますが、話すことはないと門前払いされるのでした。

そんな中、顧廷燁は皇后に頼んで馬球大会を開催してもらい、明蘭に二度とつらい目には遭わせない。この先 私やそなたがどれほど落ちぶれようと永遠にそなたを愛する妻となってくれ。屋敷を守り 子をもうけて終生 添い遂げたいと真剣に愛の告白をします。

明蘭は顧廷燁に嫁ぐことを決めます。

 つづく

明蘭〜才女の春 あらすじ39話
(感想)

顧廷燁が明蘭を娶ろうと以前から思っていたのね。

その誠意が明蘭の心をとらえたのね💕

顧廷燁と明蘭が一緒に歩く姿は、本当にお似合いだと
思えたわ✨✨

明蘭〜才女の春 あらすじ38話

「念願の求婚」

顧廷燁(こていよう)は皇帝となった趙宗全に盛家の正室の娘を娶ると報告します。

皇帝は、それはよい 文人の家だ。無鉄砲なお前を躾けてくれようと喜んでくれます。

一方、盛家では如蘭が頑なに顧廷燁との縁談を拒み部屋から出てこないのでした。

焦った若弗は如蘭に、嫁ぎなさい!嫁がないと盛家は終わる!縁談が陛下の耳に入って、直々に婚姻をお定めになるそうよ!勅命には背けばどうなる?都の私たちだけじゃない。本家や親族たちまで盛一族が死罪になる!と脅します。

それを聞いて頑なに拒否していた如蘭でしたが、泣く泣く文炎敬(ぶんえんけい)に別れを告げます。

しかし、その現場を顧廷燁に目撃されたことを知った盛絋は怒り墨蘭と同じことをしたとて自害を申し付けます。

そんな中、顧廷燁は族譜上同じく正室の娘である明蘭を娶ると伝えてきます。

盛絋と若弗は大奥様に、その話をします。

祖母は、〝明蘭は尼になる”と陛下に言っておいで!お前たちは残酷で腹黒い似た者夫婦だ!もし明蘭を奪いたければ、まず私を殺しなさい!と憤怒します。

一方、斉衡(せいこう)は追加の科挙で念願の合格を果たし、平寧郡主が盛明蘭との縁談を申しこみに盛家を訪れます。

対応した若弗は、勝ち誇ったように、娘2人の婚礼のことで多忙で明蘭は顧家の次男・顧廷燁に嫁ぐことになったと
話します。

そして、文炎敬も科挙に合格します。

その頃、明蘭は華蘭の嫁ぎ先を訪れていると、そこに顧廷燁が現れます。

冷たい態度を取る明蘭に顧廷燁は、怒っているのは分かる。ならば何も隠さずに誠意を持って話すのが道理と思うのだと言います。

明蘭は、あなたは はなから私を娶るつもりだったと言います。

なぜ分かった?さすが私の選んだ娘だと答えます。

明蘭は、今ここで気がついたの!盛家は あなたの罠に落ちたんだわ!と怒ります。

顧廷燁は、以前 川でそなたを助けた。助けた時に忠告してくれた。書蓉のためににも放浪はいけないと…あの時からそなたを娶ろうと思っていたと告白します。

明蘭は、私を娶るのに直接 申し込まずなぜ遠回りを?姉上は死にかけたんですよ!と言います。

顧廷燁は、直接 申し込んで そなたの祖母が応じるか?
えんだんが調うのは難しいが断るのは簡単だ。口実はいくらでも作れる。それに私は品行方正ではなかった。そなたの祖母は頑固だ。一度決めたら そなたの父も覆せないと
話します。

明蘭は、己をお分かりねと答えます。

顧廷燁は、己を知ることは貴いとうれしそうに答えます。

賀の件はご存じ?祖母はすでに…と言いかける明蘭に顧廷燁は、決めておられたと答えます。

知ってて求婚するなど道理に外れてる!と言う明蘭に顧廷燁は、求婚するか否かは私が決めることだ。別に外れてはいない。そなたの兄が知っても止めなかっただろう。そなたは賀家と縁がない!曹錦綉がいる限りそなたは賀家と縁がないと言い切ります。

曹錦綉さんを知ってるの?と問う明蘭に顧廷燁は、もちろん知っていると言います。

もしや あなたの仕業?と恐る恐る聞く明蘭に顧廷燁は、
都に戻ってから盛家を探っていると、そなたの祖母が賀家と親しいと知った。そして賀弘文が縁談の相手だと見当がついた…陛下には〝力ずくで奪え”と言われたが、賀弘文に乱暴はできぬゆえ別の手段を考えていた。そして流罪になった親しい従妹がいると知り、うれしくて眠れなかったと
何もかも打ち明けます。

あなたの根回しだったのね…と、呆れる明蘭に顧廷燁は、
そうだと手柄を立てたように話すのでした。

 つづく

明蘭〜才女の春 あらすじ38話
(感想)

やっぱり顧廷燁は、盛家のことを調べて、明蘭に置かれている立場に、気遣いながら縁談を進めていたんだね💕💕
憎めないね〜🤣

白華の姫 あらすじ17話

「都落ち」

孫雅璃の想いを告げられた傅筹は、妻ある身であり、気持ちに応えることはできぬ。今日のことはお互い忘れたほうがいいと告げると、雅璃の作った匂い袋を1つ手に取り
その場を立ち去るのでした。

一方、無憂は黎王の称号を剥奪され、無郁と共に南境の青州(せいしゅう)へ向かいます。

北臨帝は、無憂と無郁が無実であると知っていて、真犯人を見つけて無郁の汚名をすすぐため大理寺に更なる捜査を命じていて、皇太子よりも無憂に国土を任せたいと思っているのでした。

無憂が南境に行くと知った容楽は傅筹に、あなたが民に危害を加えさせ無憂に罪を着せたのね?と詰問します。

傅筹は、他人が どこへ行こうと私たちには関係がない。それとも事実を告げて、妻が自責の念に苦しむのを見ていろと言うのか?今後はどんなことでも遠慮なく聞いてくれ。必ず答える。憶測はするな。いつか君にも心を開いてほしいと言います。

容楽は、御免だわと拒絶します。

そんなある日、傅筹は容楽を攏月楼に連れて行き、これからも君は若店主だ。私は世間の男のように妻を屋敷に閉じ込めはしない。やりたいことがあれば自由にやるといい。
応援すると話します。

数日後、容斉から定期的に届く薬を飲むと頭痛が起きることに疑念を抱いた容楽は泠月に、完全にやめれば頭痛は治り記憶も治るかも…と言うと、煎じかすを調べることにします。

 つづく

白華の姫 あらすじ17話
(感想)

孫雅璃は、本当に傅筹が好きなのね…

傅筹はなぜ、孫雅璃が作った匂い袋を一つだけ受け取ったのかしら?

煎じ薬は、どんな薬材が使われているのか次回か
楽しみだわ😱