白華の姫 あらすじ20話

「もう一つの同盟」

北臨帝は無憂が南境の反乱を平定し功績を上げたとして
黎王の爵位を回復し都に呼び戻して、尉国討伐の策を練らせると決めます。

この話を傅筹から聞かされた皇太子は、皇太子の座が脅かされることを恐れて、再び無憂の暗殺をもくろみ刺客を青洲に向かわせるのでした。

一方、容楽は酒に酔い静謐(せいひつ)園に来た傅筹を
心を開かないにしても、話を聞く優しさを見せます。

そんな中、傅筹が見つけてくれた美しい場所に容楽は泠月と行き、釣りをしている昭蕓郡主と出会います。

しかし昭蕓郡主は容楽たちに、ここで一刻も経つのに一匹も釣れないとのは、全部あの漁師が釣ったからですと
指差し、文句を言いに行きます。

容楽は昭蕓郡主に、釣りの極意は心を鎮めること。そんなに怒ったらますます釣れないわと言います。

その漁師はその魚をあげますと差し出します。

もらえないと言う昭蕓郡主に容楽は、次に先に釣れた人が魚をもらうのはどう?と提案します。

漁師は、では皆さんと勝負しましょうと答えるのでした。

その頃、傅筹は北臨帝に、すでに鎮北王は中山の清涼湖に
ご到着ですと伝えます。

北臨帝は、北臨にとって宸国との同盟は非常に重要だ。
もし西啓が知れば邪魔をしようとするに違いない。
北臨国内で鎮北王に万が一のことがあれば大変な事態になると言います。

 つづく

白華の姫 あらすじ20話
(感想)

容楽たちが会った漁師は、もしかして鎮北王じゃないかしら❓ 上品そうだった👍

白華の姫 あらすじ19話

「疑惑」

南境の豪族・鄭(てい)氏と仲間の秦(しん)氏が流民をそそのかし反乱を起こさせようとしていることを知った
無憂はすぐに青洲に向かい反乱を平定します。

知らせを受けた北臨帝は激怒し、鄭家の土地を朝廷が没収し鄭氏一族は滅ぼされます。

それにより鄭家が潰れたので青洲は孫家の天下になり、
無憂は孫雅璃と結婚する日が近いと噂になっていました。

無憂は師兄の無相子が陰で支えてくれていることに感謝し、全力で使命を果たすことを誓うのでした。

そんな中、孫継周(そんけいしゅう)は無憂に、今回の大手柄によって爵位が復活し、帰京されるやもしれませんと
話します。

無憂は、陛下が何と言おうと私は帰京しません。南境は情勢が落ち着けばかつての繁栄を取り戻します。争いとは無縁になり住むには理想の場所です。ここで生涯のんびりと暮らせるなら爵位などなくても構いませんと答えます。

一方、北臨の皇太子妃は皇后に、義母上 皇太子妃の位を廃してください。皇太子は色事にだらしない人でもう我慢できません。先日も芸妓の誕生祝いを行ったために陛下のお怒りを買いました。なのに皇太子は芸妓を東宮に囲い続け寵愛しております。私が明日の法事に備え早めに休むよう言いましたら、いきなり打たれましたと話します。

隣の部屋で皇太子妃の話を聞いていた北臨帝は怒り、あとは朕に任せよと皇太子妃を下がらせるのでした。

その頃、容楽は侍女の泠月と郡主と共に餃子作りを楽しんでいました。

容楽は傅筹(ふちゅう)と食事をとっていると夜空に花火が見えます。

傅筹は容楽に、今まで将軍府は冷たくて寂しい所だった…家族や友人もおらず私は刀や剣に囲まれ過ごしていた…
血まみれの戦場の夢ばかり見た…だが今日は違う。家族の温もりを初めて感じたよ…と言います。

容楽は、私も家族はいない…こうしていると心が安らぐわ。こんな暮らしが私には合うのかも…と告げます。

容楽が過去と決別したと思った傅筹は西啓からの文を焼き、今後は西啓の者たちとは関わりを持たないと決め、
容楽に分からないよう〝凧”たちを綺麗に始末しろと命じます。

 つづく

白華の姫 あらすじ19話
(感想)

容楽は傅筹との間が縮まった感じだね😅

西啓帝・容斉は、容楽が生きていてくれるだけでいいと
望んでいるのは、何かまだ秘密がありそう🤔

明蘭〜才女の春 あらすじ42話

「公爵家の奥様」

明蘭は顧廷燁と結婚3日目の里帰りをし、若弗に挨拶に行きます。

そこには、如蘭と文炎敬、墨蘭と梁晗(りょうかん)が
挨拶をしていました。

若弗は姉・康(こう)夫人を紹介すると梁晗に、女の子が生まれたそうね。おめでたいわ。私の孫娘になるのだからお祝いしないとねと言います。

墨蘭の機嫌が途端に悪くなります。

明蘭は小声で如蘭に、墨蘭姉上は流産したはずじゃ?と聞きます。

如蘭は、別の女子が産んだ婚姻前から義兄上が囲ってた
春珂(しゅんか)よ。お腹の中で育ち過ぎて難産だったってと答えます。

明蘭は驚きます。

一方、康夫人は若弗に、明蘭は公爵家に嫁いで調子に乗ってるわねと言います。

そうかしら?丁寧な挨拶だったわ…と問う若弗に康夫人は、でも あなたを差し置いて夫に小声で話してたと言います。

若弗は、公爵家の嫁だもの仕方ない。顧廷燁は今や飛ぶ鳥を落とす勢いよ。こちらも気を使わなきゃと答えます。

康夫人は、でも明蘭は違う。たとえ名家の嫁でもあなたの娘でしょ。つけあがらせてはだめよと言います。

若弗は、いいの。いずれ如蘭の夫が世話になるかもしれないと答えます。

康夫人は、それなら私が代わりに釘を刺しておくと言います。

皆で食事が始まると嫌味を言う康夫人を上手に交わし、
祖母から助け舟を出されてその場を抜けることができます。

そんな中、盛紘に態度が大きいと叱られます。

帰る時、明蘭の表情が暗いと気づいた顧廷燁はどうしたのか尋ねます。

明蘭は、何事も多いより足りないほうがいいのよ。家族の暮らしぶりは同じくらいがいい。目立つべきじゃないの…
それから皆の前で私を立てないでほしい。さもないと皆が昇進や出向 推薦などの口利きを頼みに来る。面倒でしょう?と話します。

顧廷燁は、そなたの言う通りだ…今後は 実家の者の前でそなたを大切にしないと約束します。

明蘭は、怖そうにしてと笑顔になります。

顧廷燁は、私の問いに本音で答えてもらいたいのだ…
私に側妻を娶るように言った時 本当に平気だったか?
それとも賢妻のふりをしていただけか?と問います。

明蘭は、あなたは 私のために陛下の意に背き転居を決めて紅綃(こうしょう)を追い出そうとしたわ。私を守ろうとする気持ちが伝わってきた…と答えます。

数日後、明蘭は夫婦二人で独立して生活するため隣の
屋敷・澄園に引っ越します。

秦氏はそんな明蘭を陥れようと企んでいました。

顧廷燁は明蘭に、秦氏や叔母の所から来た使用人には用心せよと告げます。

明蘭は秦氏が送り込んできた使用人たちを調べ上げるのでした。

 つづく

明蘭〜才女の春 あらすじ42話
(感想)

里帰りの時の盛絋は、本当にいやーな父親だわ❗️😤

明蘭の言う通り❗️家族の暮らしぶりは同じくらいがいい‼️その気持ち分かるわ〜😭

澄園に引っ越した明蘭は優秀な差配役を使用人たちの前で演じ切ったね🤣