白華の姫 あらすじ24話

「駆け落ち」

御花園で皇族たちの娘たちを集めて、宸国の宝を探させた
皇后様は、鎮北王と共にやってきます。

宸国の宝を手にした昭蕓は、鎮北王から私の王妃になってほしいと言われます。

無郁は鎮北王に謀られたと怒り、北臨帝にかけ合いに行きますが、鎮北王には妃は好きに選べと言ってあるから、
取り消すことはできないと言います。

北臨帝は鎮北王の使者に、昭蕓郡主を公主に封じ2日後 宸国へ嫁がせると告げます。

無憂は鎮北王に昭蕓の意思を尊重してほしいと掛け合いに行きますが、大事な人の墓参りに行くと伝えられます。

その頃、鎮北王は思雲陵にいました。

無憂が思雲陵に到着すると鎮北王は、待っていたぞ。今日は供養の名目で酒を飲み交わし黎王と腹を割って話したいと言います。

私は酒を飲まないと心に誓っていると答える無憂に鎮北王は、昭蕓を諦めるよう説得しにきたのか?と聞きます。

そうだと答える無憂に鎮北王は、私も心に誓っている…愛する人に出会えたら私が必ず幸せにすると…ようやく出会えたのだ諦めたくない。だが黎王と酒量を競い合えるなら話くらいは聞こう。それでも飲酒を拒むのなら私は これで失礼すると告げます。

無憂は、飲酒などつまらぬ。もっと刺激的な遊びがある。
それで競うのはどうだ?。杯の酒をこぼしたほうが相手の要望を聞く。ただ鎮北王が負けても私は何も強要しない。意見を聞いてほしいだけだ…と言います。

鎮北王が杯の酒をこぼしたため無憂は、昭蕓の幸せを望むなら 伴侶になりたいかと昭蕓に尋ねてみては?と言います。

鎮北王は、昭蕓の心には今 別の者がいるが幸せそうには見えぬ。諦めたくないのだ。私はそなたと同じ轍を踏みたくない。愛する人が陥れられるのを傍観していたと聞いた。まさか身を引くことで幸せにできたと?と問います。

無憂は、意地を貫けば相手を幸せにできるのか?私は婚儀に乗り込み花嫁を連れ出し三日三晩思雲陵に立てこもった…愛し合っていれば 何事も乗り越えられると思っていた…だが離れたのは自分たちが原因だったとあとで気づいた…

自分たち?どういうことだ?と問う鎮北王に無憂は、
〝後悔するな”と言ったな…はっきり言おう。後悔した。愛する者が別の男に嫁いだからではない。私が真心で接しなかったことを後悔している。私は愛する者を欺し利用した
…それは深い傷となり今でも消えないと答えます。

そんな中、昭蕓と無郁は早まって駆け落ちしてしまいます。

2人の軽率な行動に腹を立てた鎮北王は、傅筹に2人を連れ戻すよう命じるのでした。

昭蕓と無郁は捕まり、昭蕓は負傷した無郁の命を助けるために皇宮に戻り宸国に嫁ぐことを決心するのでした。

 つづく

白華の姫 あらすじ24話
(感想)

昭蕓と無郁は別れなければならないのかしら?💦

沈魚が昭蕓に、好きな人がいて、その人を待っていると
話すんだけど、それは誰なんだろう?気になるわ🤔

白華の姫 あらすじ23話

「御花園の罠」

酔った痕香は木彫りの人形を抱きしめる容楽に、将軍の心にはあなたしかいないのに…他の男を想うなんて!将軍は あなたに夢中よ。そんな物を見たら激高する。まだ苦しめる気?将軍が見る前に処分を!と取り上げ壊してしまうのでした。

容楽は、愛することも嫁ぐこともできず会えもしないのよ!想うくらい構わないでしょと泣きながら訴えます。

痕香は、将軍の妻なら他の男は忘れなさい!と言います。

あなたは どうなの!と言う容楽に痕香は、私はやむを得ず皇太子に嫁いだのと言います。

容楽は、私もよ!自分で選んだ人ではない。私の替え玉だったあなたが選んだ人よ!将軍を愛しているならなぜ嫁がなかったの!と怒ります。

痕香は、嫁ぎたかったわ。幼い頃から好きで…嫁ぎたかった…そばにいたいから自ら望んで犠牲となり皇太子に嫁いだの!あなたは 将軍の心を独占し私の憧れの将軍府に居座ってるくせに…と言います。

容楽は、将軍府のどこがいいの?監獄のようで息が詰まりそうなのよ。ずっと見張られてる。私が何の罪を犯したわけ?私は妻ではない。将軍の手駒でしかないわ…でも私が責めると悲しげな顔をされるから こっちが罪の意識にさいなまれる!と本心を吐露します。

痕香は、私たちは同類ね。無理を強いられている。東宮も私にとっては監獄と同じよ。会いたい人はおらず、会いたくない人が毎日そばにいる…と涙を流します。

容楽は、あなたとは本音で話せるわ。私は自分が誰か家がどこかも分からない。家族の居場所も…と涙を流します。

痕香は、そうね…私の家はどこ?家族は…どこにいるの…と
容楽と抱きしめ合います。

一方、皇太子は、南境で軍功を立てた無憂が、宸国の鎮北王を刺客から救ったことで、勢力争いに焦りを感じて
懇意にしている皇族の娘を、鎮北王に嫁がせようと考え
傅筹に選ばせようとします。

翌日、皇后は花見という名目で御花園に皇族の娘を集め、鎮北王が宸国から持参した宝を皆に探させます。

昭蕓郡主は容楽に、宸国では汗血馬が貴重だそうです。でも御花園に馬は隠せません。だから轡か鞭のような馬具でしょう。無郁は乗馬が好きだから贈りたいから、その宝を見つけたいと話します。

一方、容楽は侍女に、皇后がお呼びですと告げられ部屋へ
案内されます。

そこで皇后を待っていると次第に意識が遠のいていきます。

同じ頃、無憂は侍女に、皇后様がお呼びですと告げられ
部屋に案内されると、異変を感じ隣の部屋に容楽がいることに気がつきます。

それは皇太子が無憂を陥れるために仕組んだ罠でした。

傅筹は、浴室に無憂といた容楽を助けるために、怒りを抑え無憂を見なかったことにします。

容楽が帰るのを待った傅筹は無憂に殴りかかり、私の妻に近づかぬようと警告します。

無憂は、夫人をしっかり守れと言います。

 つづく

白華の姫 あらすじ23話
(感想)

傅筹の行動は大人の対応だったね🤗

皇太子は本当に馬鹿で色事しか頭にないのね😤

白華の姫 あらすじ22話

「和親同盟の真意」

傅筹との距離が縮まったように見えた2人の生活が
清涼湖での鎮北王暗殺に利用されたと知った容楽は、
傅筹に不信感を強め心を閉ざします。

容楽は突然 頭痛がおき、意識を失うのでした。

傅筹は医師に、一体何の病気ですか?と尋ねます。

医師は、極めて珍しい病状です。脈は弱いが昏睡するほどではないので倒れた原因は精神的な問題かと…心の病が専門の医師にお見せください。私は滋養をつける処方のみお出ししましょう。お目覚めになるかどうかは奥様の運しだいですと告げます。

泠月は目覚めた容楽に、傅筹が三日三晩寝ずにずっと付き添っていたことを伝えます。

容楽が倒れたと聞いた沈魚がやって来て、将軍と喧嘩されたと泠月から聞きましたと言います。

容楽は沈魚に、将軍府をついの住処だと思った私は無邪気すぎたわ…世の中には私が身を置く場はない…私は家なしよ…と言います。

落ち着ける場所がきっとあるはずですと励ます沈魚に容楽は、そうだわ!また秦家の旧宅の夢を見たわ。前よりも鮮明だったと話します。

沈魚は、もう一度 訪ねてみたら何か思い出すかも…と
言います。

容楽は夜、秦家に行ってみると、そこには先客がいて、
十里香らしきものを撒き、仕掛け部屋に入って行くのを見て、後を追いますが覆面をした女の正体は分からないのでした。

そんな中、容楽と傅筹は助かった鎮北王に朧月楼に招かれ、

鎮北王は親しみやすく振る舞いますが、言葉の端々に含みがあり、無憂も招かれていると知った傅筹は、火傷を口実に容楽と立ち去ります。

無憂は鎮北王に、遠い宸国からはるばるやってきたのは婚姻同盟のためと聞いたが真の目的は何だ?鎮北王は、北臨を利用して邪魔者の尉国を片付〝漁夫の利”を得る気か?と尋ねます。

鎮北王は、南境の反乱をやすやすと平定した黎王なら
敵を欺くのも策のうちだと分かるな?もし本当に北臨が尉国を討とうとするなら後方の守りも考えているはずと答えます。

無憂は、質問はそれだけだ。私への質問はあるか?と聞きます

鎮北王は、今日 ここへ呼んだのは一つは清涼湖での救援に感謝するため。もう一つは聞きたいことがあるためだ。
私は国土を広げる目的で起こす戦より、北臨の仁愛政策に興味がある。以前 雲貴妃と秦永丞相が養民変法を推進した際変法の措置を「山河志」に残したそうだな。「山河志」を見たことはあるか?と尋ねます。

無憂は、「山河志」は母と秦師匠が心血を注いだ書で遺品でもある。書の趣旨は民の暮らしと国家の安泰だ。だが この書が取り返しのつかない災禍を招き多くの者が巻き込まれた。私も「山河志」を手に入れるために犠牲を払っている。つまり北臨に来た真の目的は「山河志」なのだな。
ならば話すことは何もないと答えます。

鎮北王は、誤解するな。確かに民のために「山河志」は欲しいが決して略奪する気も独占する気もないと言います。

無憂は、その言葉を永遠に忘れないでほしい。民を思う心と共にな…と言います。

鎮北王は、聞きたいことはもう一つある。容楽と無憂殿は
相思相愛なのだろう?私だったら真に愛する娘に会えば
どんな障害も乗り越え幸せにすると言います。

無憂は、それが誠なら「山河志」がなくとも養民変法は施行できるだろう。同様に 手に入れずとも愛することはできると答えます。

帰宅した無憂は無郁に、鎮北王は鷹揚で好ましい人物だが、本音は計り知れぬ…様子を見るつもりだと伝えます。

 つづく

白華の姫 あらすじ22話
(感想)

鎮北王は鷹揚で若々しい感じで素敵‼️

痕香は傅筹が好きなんだね💦

でも傅筹は容楽が好きだし…😰