明蘭〜才女の春 あらすじ48話

「最期の願い」

寧遠(ねいえん)侯爵家では、当主の顧廷煜(こていいく)が顧廷燁の条件を拒んだため、秦氏が牢に入れられている3人を助けてと懇願します。

叔父たちも条件を拒んだ顧廷煜を責めます。

顧廷煜は怒りのあまり意識を失い倒れ、助かる見込みはないと医師から告げられます。

自分が余命わずかと知った顧廷煜は顧廷燁に隠していた父・顧偃開(こえんかい)の遺書を見せます。

顧廷煜は、父上が顧家の長老に宛てて書いている。中身はこうだ…〝廷燁の生母 白氏が嫁いできた時の嫁荷は 私の死後に分家をしたとしてもすべて廷燁のものとする。銀にして11万5千両”さらに父上はこう書いている…〝霊堂に一族や友人を集めてこの文を読み上げよ”と…と明かします。

顧廷燁は、この文は父上の本心だろうか…と聞きます。

顧廷煜は、そうだと答え、私が爵位と共に受け継いだ財産が記されている。荘園や銀子や店舗。それから先祖伝来の財物や貴重な書画だ。こちらの書きつけは30年ほど前のもので叔父たちが分家した時の決め事が記されている。
長男と四男、五男の取り分が これを見ればはっきりと分かる。他の分家の取り分も同じだ。屋敷や銀子などきちんと記されているゆえ不正はできんと伝えます。

叔父たちと秦氏は悔しそうにします。

その後、顧廷煜と顧廷燁は2人だけで祠堂に行き、父上は顧家を守るために白氏を娶り お前をもうけた…だが
白氏が死ぬと お前に冷たく当たった…お前の望みは 顧家が爵位と丹書鉄券を失い潰れることだ。弟たちが投獄され流罪になれば お前は長年の恨みを晴らすことができる…だが いくら陛下でも私の爵位をお前には渡せん。
新帝即位の際 お前はほんのわずかな兵を率いて大軍を思うがままに動かした。陛下の周りには多くの腹心がおり兵符を持つ者も大勢いたはずだ。陛下の義弟が仲間にいたとはいえ順調にことが運んだのは顧家の名のおかげだぞ!と
言います。

顧廷燁は、私は軍に入ってから姓を変えて白と名乗っていたと言います。

顧廷煜は、お前の顔を見ろ…どう見ても仲間とは風格が違う。姓を変えても皆 分かっていたはず。お前を思い黙っていたのだ。お前が功名を立て地位を得ることができるのは己の力で戦ったからだ。だが顧家の血脈のおかげでもある。それを断ち切りおろそかにすることはできんと話します。

顧廷燁は、さすが兄上だ。実に見事な弁舌だった。兄上の狙いはその言葉で私の目を覚まし、顧家に情けをかけさせることだな?と聞きます。

顧廷煜は、白氏に称号を賜り顧家の族譜への加筆をお許し願うつもりだ。詔はすぐにでも下るだろう。これで満足か?私の命はもう長くはないようだ…跡継ぎはおらぬゆえ
爵位は お前が継ぐことになる。顧家の将来はお前に懸かっている。お前の兄嫁と姪のことを頼みたい…と言います。

顧廷燁は、実に周到だな…分かった約束すると答えます。
 
そして顧廷煜は妻子に、私の死後に誰に何と言われても養子をしてはならん。それから今後 母や弟嫁たちに何を仕掛けられても取り合ってはならん。特に母の言うことは用心してかかれ。数年も経てばそなたにも分かる。あの母は
人を狙うことに長けておる。覚えておけ。廷燁の妻は心根が悪くなさそうだ…二つの約束を守り廷燁の妻を丁重に扱えば そなたも嫺も困ることはないはずだろう…と言い遺して息を引き取るのでした。

 つづく

明蘭〜才女の春 あらすじ48話
(感想)

病弱な顧廷煜は、顧廷燁に嫉妬もあったよね💦

やっぱり、健康じゃないと家族を幸せにできないよね。

でも、顧廷燁と明蘭は情に厚いから、遺された母娘によくしてくれるよね✨✨

明蘭〜才女の春 あらすじ47話

「過去の醜聞」

今日も叔母たちは斉衡(せいこう)によって逮捕された息子たちを救ってもらおうと澄園に押しかけてきていました。

いつも明蘭に置き去りにされる叔母は、顧家の女主人にもなったつもり?過去の醜聞をばらされたいの?廷燁に離縁されるわよ!と詰め寄ります。

明蘭は、〝醜聞”とは何です?夫から離縁されるとはどんな醜聞ですか?と聞きます。

叔母は、廷燁に嫁ぐ前 賀家との婚約があったそうねと言います。

ありませんと答える明蘭に叔母は、うそよ。行き来があったと人から聞いてるわと言います。

明蘭は、〝婚約”と〝行き来”のどちらですか?意味が違いますと問います。

婚約してたら自然と行き来もあると言う叔母に明蘭は、行き来はありましたが婚約はしてません。ご存じの通り私は官吏の庶子。そんな私が運良く玉の輿に乗れたから離縁をちらつかせばい肝を潰し従うと思ったのですか?と聞きます。

もう1人の叔母は、義姉上を誤解しないで。ただの噂話よとかばいます。

明蘭は、噂話など教えてもらわなくても結構です!と言うとその場を立ち去ります。

明蘭は辟易し、居座る叔母たちと根比べすることに。

明蘭は、この件が陛下に伝わった時のため叔母2人の会話をすべて書き留めるように命じます。

それを聞いた叔母たちは澄園を退散します。

一方、斉衡の妻・申和珍(しんかちん)はいつまで経ってもよそよそしい夫の心に別の女性がいることを知り、
心の重しが取れたわ…と涙を流します。

その頃、いつまで経っても皇太后は桓王に玉璽を渡さず、顧廷燁は策を弄して玉璽を借りると言う名目で奪うのでした。

皇太后は、こんなことをするのは顧廷燁の策略としか考えられぬと腹を立て、顧廷燁を呼んでおいで!と命じます。

しかし、顧廷燁の背中の沢山の傷跡を見た皇太后は
お前は私に打つ気さえも失わせたと下がらせるのでした。

その話を聞かされた明蘭は、顧廷燁が皇太后の恨みを買ったのではないかと心配します。

そんな中、廷煒が斉衡によって捕らえられ牢に入れられます。

秦氏は、顧廷燁と明蘭を呼びつけ、どうやったら顧家を救える?と尋ねます。

顧廷燁は、公爵の身分をもって族譜に加筆しろ。私の母 白氏が顧家に嫁いだ経緯をな。顧家の窮乏を救ったことを示し碑を立てて名誉を回復するのだと条件を出します。

 つづく

明蘭〜才女の春 あらすじ47話
(感想)

顧廷燁の母を思う気持ち なんとかしてあげたいよね😭

白華の姫 あらすじ28話

「決別」

傅筹の代わりに雅璃(あり)と琴を弾くことになった容楽は、鈴の音が聞こえると、昔の記憶が蘇り、突然、琴の弾き方が変わります。

北臨帝は皇后を先に帰すと容楽に、安心せよ。悪意はない。思雲陵で会った時節度あると感じていたが ただ者ではないことも改めて分かった。そなたの琴音は力強く躍動感あふれており 意気揚々と戦った往事の朕を彷彿とさせた。そなたは天下太平を望んでおる。西啓に見捨てられても西啓の民を誇りに思うのだ。そなたに偏見があったが無憂が執着するこ理由をようやく理解したと話します。

容楽は、陛下は〝わきまえよ”とおっしゃいました…なぜ突然 こんな話を?と問います。

北臨帝は、昔の出来事を思い出したからだ。無憂に朕と同じ道を歩ませ一生 後悔させてはならぬと考えておる…そなたの意向が知りたいと聞きます。

容楽は、分かりません…と答えます。

北臨帝は、後悔したくなければ今を大切に生きるのだと話します。

北臨帝は傅筹に、将軍の名誉を回復してやりたい。西啓との同盟はもはや有名無実だ。よって公主との婚姻を解消せよと命じます。

傅筹は、国のために公主を娶りましたが 数月を共にし
絆が深まりました。今さら離れたくありません。どうかご命令の撤回を…と願いでます。

そなたは?と問う北臨帝に容楽は、将軍には大事にされましたが私は徳がなく妻に相応しくありません。陛下のご命令を受け入れ離縁を望みますと答えます。

北臨帝は、公主に不満がなければこれで決まりだ。傅将軍は離縁状を用意せよと言います。

その夜、傅筹は、無憂のことしか眼中にない北臨帝や容楽に腹を立て、君は私の妻だ!分からせてやると強引に関係を迫ります。

傅筹に失望した容楽は、もう二度と会いたくないわと言い放ちます。

傅筹は、出ていくならば将軍府と北臨、西啓の体面を重んじるため、あと三月無憂と会わないでくれ。無理ならば今日 ここで一緒に死にたい…と条件を出します。

分かったわ。約束する。3ヶ月後 あなたとは絶縁よ…と
将軍府から出ていくのでした。

孫雅璃(そんあり)は、傅筹が悲しみの中にることを知って、ずっとそばにいます。ご存知のはず…黎王と私は芝居を演じていると…将軍夫妻と同じです。将軍が幸せなのか心配でしたが…今日確信しました…将軍は私と同じで一途すぎるのです…私はあなただけを愛していますと泣きながらしがみつきます。

傅筹は雅璃の手を解きその場を後にします。

その頃、容楽は泠月と蕭煞に荷造りをさせていました。

すると花嫁衣装が入った箱の中から傅筹が書いた離縁状を発見します。

沈魚の元に身を寄せた容楽は、余家に行けば自分の正体を思い出すかもしれないと思い、深夜 沈魚と共に余家に
侵入します。

隠し部屋を開け容楽について入ると、私も幼い頃を思い出しました…と辺りを見渡します。

容楽は、ここにきたことがあるの?と問います。

沈魚は、恐らく 部屋に見覚えがあります。私の父が「山河志」を編纂していたのはこの密室かと思います。掛け軸の絵は秦夫人でしょう…飴玉をもらいましたと答えます。

容楽は、秦家の2人の娘に会ったことは?と問います。  

沈魚は、首を横に振り、密室を見つけたなら「山河志」は入手したも同然。手がかりを探しましょうと言います。

容楽は、「山河志」はここにはないわ…と答えます。

沈魚は、すでにどこかに隠したのですか?と問います。

容楽は、私と黎王・無憂が決別した理由を知らないでしょう?「山河志」をあげたからよ。黎王の狙いは「山河志」だったのと打ち明けます。

沈魚は、つまり今は黎王が持っているのですねと言うと
容楽を気絶させ、悪いけど利用させてもらうわ…とつぶやくのでした。

一方、容楽を捜していた傅筹は痕香から、今回は私じゃない。沈魚よ。あの者の正体は門主でさえ知らないわ…沈魚の目的は不明だけど、容楽をさらい無憂に知らせた。恐らく別の狙いがある。容楽は無憂が助けるわ心配は無用よと
告げられます。

傅筹は、なぜ無憂が助けると確信できる?と問います。

必ず助けるわ。何度も試したでしょう?あなたが怖いのは容楽と無憂がよりを戻すことでは?若門主 大計が控えているわ。することは山積みで今が大事な時期よ。女子にかまけてる暇はないと忠告します。

傅筹は、それは重々承知だ。口を出すな。邪魔すると痛い目に遭うぞ!と警告するのでした。

 つづく

白華の姫 あらすじ28話
(感想)

沈魚は一体何者なの❓

そして傅筹や痕香の属する門主は、何が目的?北臨?

謎は深まるばかり…🤔