明蘭〜才女の春 あらすじ57話

「油断ならない任務」

韓宰相に潔白を証明してくださいと言われた皇太后は陛下に、私はすっかり老いてしまった…自ら押印したのだから
どうしようもない…なぜこれ以上私を追い詰めようとするの?と聞きます。

陛下は、誰か皇太后様を寝殿へ。大医をおそばに置けと
言います。

斉衡は、陛下 なぜ私の発言を遮るのですか?と聞きます。

韓宰相は斉衡に、皇太后様は押印したことをお認めになったのだ。皇太后様に誓文でも書かせるつもりか!と言います。

皇后側についた斉衡は韓宰相と沈従興(しんしょうきょう)の罷免を訴えますが、結果的に斉衡が陛下から罷免されます。

一方、休んでいた顧廷燁は朝議に向かいます

塩業の不正を正すため巡察を行うという大役を恒王が務めることになり、沈従興(ちんしょうきょう)と盛長柏(せいちょうはく)が同行することになります。

そんな中、沈従興が身内の不祥事で弾劾された上、沈従興の部下・段成氷(だんせいひょう)も妓楼で思いがけない事件に巻きこまれます。

酔った段が妓楼で魚売りの夫人を手込めにしたと聞かされた顧廷燁と沈従興は役所に向かいます。

 つづく

明蘭〜才女の春 あらすじ57話
(感想)

顧廷燁は、他人の妻の話のように妓女に明蘭のことを相談するの。

顧廷燁が妻のことを愛しているのだと妓女にバレるほど
明蘭が本当に自分を愛しているか自信がないんだよね〜
可愛い💕💕

明蘭は顧廷燁に迷惑をかけないように慎重に、賢妻になるよう努力しているのにね〜🤣🤣