スポンサーリンク

奇皇后 あらすじ 44話

「皇帝の分身」

ヤンはワン・ユが捕らわれたと聞いて、皇太后とペガンが自分を陥れるために、裏で動いてると気づきます。

ヤンは、自分が生き延び息子をまもるために高麗ワン・ユを救うと決心します。

一方、タファンは、ワン・ユとヤンの関係が気になり、ワン・ユが着いたらすぐ亡き者にせねばと呟きます。

皇太后は牢にいるワン・ユに、ヤンが手を貸したと証言し、すべての罪をヤンにかぶせれば廃位は免れますと言います。

しかし、ワン・ユは聞かなかったことにすると答えます。

ヤンは高官たちに、高麗の役人のキム・スンジョから帳簿が偽物だと密書が届いたから、ワン・ユを釈放するように上奏させます。

ペガンはタルタルに、キム・スンジョが来るから殺すように命じます。

ヤンはタファンに、アユルシリダラを守るために、ワン・ユが送ってくれた資金で高官たちを買収したと打ち明けますが、タファンは、ヤンが自分を頼らなかったと傷つき怒り、ヤンを遠ざけるのでした。

マハは、縛られ野ざらしにされたワン・ユに、ヤンの罪を明らかにしろと言います。

ワン・ユは、母を殺された復讐をしたいなら、皇太后や皇帝、ペガンや臣下を皆殺しにしろと言います。

マハは、ワン・ユの言葉に混乱します。

キム・スンジョが死んだと報告されたタファンは、ワン・ユらを市中で処刑するように指示します。

刑場に連行され、パン・シヌが絞首台にかけられますが、ヤンが矢を放ち縄を断ち切って、キム・スンジョが到着したと告げます。

ヤンはペガンが、キム・スンジョに宛てた密書をタファンに見せると、タファンの目にワン・ユが自分を嘲笑う幻影が見え激しく暴れます。

意識を取り戻したタファンに、ワン・ユの死を望んでいたタファンに、実現できなかったことを詫びます。

ワン・ユは、遼陽に流罪となります。

ペガンはタファンから、皇帝に次ぐ権威を与えられます。

ヤンはワン・ユに救えなかったことを詫びますが、ワン・ユが元を裏切っていたと知り涙を流します。

ワン・ユは、遼陽へ連行される途中ペガンと命を賭して戦うことになりますがタンギセの矢が胸を貫き、ペガンに剣を刺されます。

そして、ヨム・ビョンスの放った矢がペガンの胸に刺さります。

駆けつけたパン・シヌ達は瀕死のワン・ユを見つけ追っ手がから、逃げます。

ヤンはタルタルから、ワン・ユの訃報を知らされ、ワン・ユ殿を殺したのは一体誰なのですかと、泣き叫ぶのでした。

つづく

スポンサーリンク

奇皇后 あらすじ 44話(感想)

ワン・ユはこれで死んじゃうのかしら?

ヤンは、ワン・ユはが死んだと聞いて泣き叫んでいたので、夫に、まだヤンはワン・ユのことが好きなのかな〜?と聞いたら

そりゃあ、アル中のタファンよりイイ男でしょ!っていうのを聞いて、タファンは夫から見ると魅力のない男に見えるんだって思ったわ(^^;;

コメント

タイトルとURLをコピーしました