「母と子」

ヤンは、マハがワン・ユとの子ピョルだと知ると
マハが法要を行う寺へ急ぎます。

その頃、寺にヨム・ビョンスらの刺客が現れ、トクマンは刺客の一人が
落としていった指輪を拾います。

マハは、ヤンとヨム・ビョンスのどちら元へ行けば良いのか迷いますが
ヤンの方へ向かいます。

ヨム・ビョンスは、毒矢を放ちマハの背中に刺さります。
ヤンはマハに、私がついている!心配しないでと抱きしめます。

マハは朦朧とする意識の中で、なぜヤン様が涙を流すのか尋ねます。

意識をなくしたマハの足にあるホクロをヤンは確認すると
ごめんね…私の坊や…この子を守るためには何をしたらいいのですか?
ピョル…と涙を流します。

ヤンはトクマンから預かった刺客が落とした指輪をタファンに見せますが
それはタファンがバヤンフトに贈ったものだと分かり捕らえられます。

そんな中、ヤンは尼僧にマハはタナシルリの実子ではないと証言させると
皇太后はショックを受けます。

その事実を知ったマハはヤンに、ショックを受け自分の父と母は
誰なのかと泣きながら尋ねます。

ヤンはその問いに答えず、お前は山中で拾われた…しっかりするのだ。
泣いていてはならぬ!これからは生きるために強くなり
誰にも期待してはならぬ…決して忘れるでない!と厳しく諭します。

一方、ワン・ユとヨンビスは、元の国境近くでタンギセらに矢を打たれ
ヨンビスはワン・ユをかばい矢を受けます。

ヨンビスは、私の願いはワン・ユ殿の胸で死ぬことだった…
時々でいいから私を思い出してくださいますか?と話します。

ワン・ユは、ヨンビスの名を呼び、息絶えたヨンビスを抱いて慟哭します。

一方、バヤンフトは廃位されます。

マハは宮殿から出されます。

そんな中、ワン・ユは、マハが自分の息子だと偶然聞いてしまいます。

タファンはアユルシリダラは皇太子に冊立します。

皇太后とペガンは、高麗人の血を引く子が皇太子になったことに
危機感を強めヤンを消そうと企みます。

そして、ヤンもまた皇太后とペガンを排除します!と言います。

つづく

奇皇后 あらすじ 46話(感想)

命がけでワン・ユを守ったヨンビス…
ワン・ユは彼女を抱きしめヨンビスの名を呼びます。
ヨンビスは、慕い続けたワン・ユの胸の中で息を引き取るのが
可哀想だった。・°°・(>_<)・°°・。

マハも、まだ幼いのに拾われた子だと言われ、
皇宮を出されてしまうなんて…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation