スポンサーリンク

奇皇后 あらすじ 47話

「仮面の正体」

タファンはヤンに殺されそうになる夢を見て、ヤンの首を絞めますが
我に返り止めます。

そんな中、ペガンは自ら罷免を願い出ます。そのことにより、誰も信じられなくなっているタファンは、丞相は私の誇りそのものだ!と丞相の地位を守ります。

一方、血を吐きながら祈祷を続けるマハに、ワン・ユは、自分が父であることを隠して、そなたはそなただ!とマハを慰めます。

また会えますか?と聞くマハに、ワン・ユは、時々ここに立ち寄ろうとマハの頬に触れます。

ワン・ユは、あの子を1人にはさせられない…高麗に連れて帰ったら私とヤン様の子だと真実を打ち明けるとパンに話します。

その話を立ち聞きしていたソ尚宮は、今のはどう言うことだ?マハは
ワン・ユ殿とヤンの息子だったのか!と知ってしまうのでした。

そんな中、タファンはヤンに命を狙われる悪夢にうなされ、酒に溺れ女たちと遊びほうけます。

タファンはペガンに、玉璽を渡してしまいます。
ペガンはヤンの味方の人間を排除しようと動き始めます。

ヤンはタファンから、今後、国事に口を挟むな!と厳しく命じられるのでした。

一方、メバクの頭は内官のコルタなのでした。
コルタはペガンに子分たちを接触させ大金を手にして、権力を掌握しようと目論みます。

ヤンはタファンを皇宮の外に連れ出し、飢えに苦しむ民の姿を見せ、名誉や権威を求めず民を救うように進言します。

しかし、タファンはペガンを信じる!これ以上私を説得しようとするな!と聞く耳を持たず帰ろうとしますが、民の中にワン・ユを見つけるとワン・ユがいた!私をあざ笑い…と叫び急に気を失います。

その頃、マハは容態が悪化し、そのまま息を引き取ります。
ワン・ユはマハの遺体に、私が父だ…マハ!と慟哭します。

一方、ヤンは昏睡状態のタファンの看病を続けます。

ワン・ユは、ヤンをこれ以上苦しめないために、プルファにマハの死を知らせないように口止めします。

そんな中、ヤンが摂政になったと知らせを聞いた皇太后とペガンは急いで
大命殿に向かいます。

ヤンは皇太后の皇印を剥奪しトクマンに!そして軍権をプルファに一任すると宣言し、
不正を働いたペガンの側近たちをアユルシリダラの誕生日祝いの席に招き、
その罪を認めさせ投獄します。

その頃、ソ尚宮は密かにタファンを訪れて、マハがワン・ユとヤンの子だということを
知らせようとしているのでした。

つづく

スポンサーリンク

奇皇后 あらすじ 47話(感想)

メバクの頭が、顔を覆っている布を取ると、コルタの顔が出てきた!!
コルタだったんだ…!(◎_◎;)メバクはペガンにつくことに決めたのかしら?

コメント

タイトルとURLをコピーしました