スポンサーリンク

奇皇后 あらすじ 49話

「真の見方」

タファンはヤンに、ペガンを殺す前になぜ私に相談しなかった!
ペガンを殺した罪を悔いるのだ!と怒り、私に許しを請うために席藁待罪を命じます。

しかし、ヤンは天に誓って過ちは犯してないから許しを請うこともないときっぱり言います。

タファンは寺に行き1日100回打たれて罪を悔いるように厳しい処遇を決めますが、自分自身も苦しんでいるのでした。

タファンは、ヤンとペガンがいなくなり、酒に溺れ乱心するのでした。

一方、コルタは、ペガンもヤンもいなくなった今、タファンが頼るのは自分だと確信し、密かにタファンが飲む湯薬に毒を入れます。

そんな中、タルタルはタファンに、ペガンが生前、他民族を滅ぼす計画を企てていたことや、メバクから資金を受け取り異民族の商団を弾圧していたことを明かし、ヤンを皇宮に呼び戻しそばに置くべきと進言します。

一方、ワン・ユはメバクの頭になりすまし、メバクが溜めていた穀物を市場に売り払うように命じ、偽の交鈔を作り自分の商団に穀物を買い占めるように指示します。

その頃、本物のメバクの頭(コルタ)は、行首らが穀物を売ったと聞いて怒り狂い、すぐに買い戻すように命じた時には、市場にはもう穀物はないのでした。

メバクの頭(コルタ)は自分の偽物がいることに気づき、正体を突き止めようとします。

一方、タファンはヤンに会いたくなり寺に行くと、自分のことを仏に祈り続けるヤンを見て心を打たれ、ヤンの肩の痣に薬を塗り皇宮に戻ろうと抱きしめます。

ヤンはタルタルを丞相になってほしいと言います。

ヤンはタルタルから、市場に大量の偽交鈔が出回っていると聞いてタファンに、交鈔をなくして貨幣改革を勧めます。

タファンは大明殿で貨幣改革を宣言し、ヤンを皇后にすると聖旨を出します。

そんな中、ワン・ユは名を伏せ、民を救うために使ってほしいと、買い占めた穀物を皇宮に届けます。

一方、タンギセはソ尚宮から、マハがヤンとワン・ユの子だと知らされます。

タンギセはメバクの頭に、タファンとヤン、アユを殺して新しい皇帝の擁立を持ちかけます。

タンギセはタファンに、マハがヤンとワン・ユの子だと明かして嘲笑うのでした。

つづく

スポンサーリンク

奇皇后 あらすじ 49話(感想)

タンギセは、これまで何度もヤンに矢を射られますが、なかなか しぶとくて死なないんだよね〜今回も死んだと思ったら突然タファンの胸ぐらを掴んで、マハの秘密を明かしてしまったのには、驚いたわ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました