「上王との取引」

昭憲王后の廃位を求める臣下の声は日増しに大きくなり、
世子は、苦悩の日々が続きます。

元敬王后は、廃位になさるのですか?と聞きます。
上王は逆徒をかばった罪は決して軽くないのだ!と答えます。

元敬王后は、お好きにどうぞ…直ちに廃妃にして追い出せばよいでしょう!と怒った口調で言います。

中軍将チェ・ユンドクらは、私たちが王様の力になり、自分の部下を動かすと申し出ます。

そんな中、世宗は上王に、私はやっと父上を理解できるようになりました。
権力の前で正直だった父上…〝父子間でも権力は分けられぬ〟と、今は亡き太祖大王を
ハムンへ流された父上を、やっと理解できました。次は私に別の教訓をお与ください。
私が刀を握るから、その矛先をどこへ向けるべきなのか…と問いかけます。

上王は、この私に刀を向けると言うのですか?と聞きます。

世宗は、それが父上の教えですか?と尋ねると
上王は、父に勝てると思うのですかと言います。

世宗は、シム・オンの命は、もう諦めるつもりです。
だからこれで終わりに…妻は守り抜きますと告げます。

上王は、逆徒を亡命させようとした罪人だと言います。

世宗は、王子の母です!逆徒として廃妃にすれば朝鮮王室の正当性が再び揺らぎます!
上王様は最初から、その程度の腹案はお持ちのはずですと言います。

世宗は粛清はシム・オンで終わりにする約束を取り付けます。

一方、昭憲王后は、父を守るために自ら廃位を決意します。

世宗は、私は廃妃にする気はない…と上王との取引を話ます。

牢にいるシム・オンは昭憲王后に、他のことは何も考えず、子供たちを立派に育てるために
生きてください…
王子はよい子です。将来この国の5代目の王となるでしょう。
王后様の手で、父親より高潔で聡明な王に育てなければなりません!
後ろを振り返ってはならないのです。未来だけを見て前へ進むのです。
そうすれば、私も安心して眠りにつけます。と諭します。

つづく
(感想)
シム・オンが、昭憲王后に諭す時、悲しかったわ( ; _ ; )/~~~
昭憲王后は恭后となり、世宗も8人の側室をを持つように
上王に勝手に決められて、王も大変よね〜〜

上王は世宗のためにとしてることが、子離れできない親のように
見えるんだけど…

実は私も、子離れできない親かも?子供は迷惑してるんだよね(≧∇≦)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation