「マルセンの反撃」

世宗は、屯田を廃止し北三の民に支給しろ!租税制度を改革し、
両班に対する規制を強める!と命じます。

重臣たちは、いけません!王様!と反対します。

放火事件に関わる商団から、マルセンの二重帳簿を見つけ、
義禁府はマルセンの逮捕令を出します。

その頃、捕まえられたマルセンは、世宗と敬寧君の前にひざまずき、
やはり王となる器ではないようだ…と言います。

敬寧君は、そなたの操り人形は、もう 御免だ!と話します。

世宗はマルセンに、そなたには世の前で死んでもらう…怖いか?
今すぐ軍令を出せ!都へ結集する予定の兵を元に戻すのだ!と命じます。

マルセンは、どういう意味ですか?と聞きます。

世宗は、この件をなかったことにすれば助けてやろう!と言います。

マルセンは、敬寧君のためですか?王族だからお助けになると?と
聞きます。

世宗は、そなたの忠誠心を得られなかったのが残念だ。そなたに
残された道は何だ?と聞きます。

マルセンは、部下の前で処刑してください。王様の目指す朝鮮と
私が目指す朝鮮は違います。私を見せしめにすれば、部下たちも
反旗を翻しません。内乱を防げるでしょうと話します。

しかし、世宗はマルセンを財物を全部没収し流刑にすると重臣たちに
宣言します。

それを聞いた集賢殿の学士たちは、書を焼いて抗議します。

マルリは、流刑になるマルセンに、ここで自害すべきと言います。

マルセンは、生きていればいつか機会が巡ってくると答え、
高笑いをしながら連れて行かれます。

つづく
(感想)
マルセンを流刑にしたことで、内乱は防げた?
私には、意味がよく分からなかったけど、
きっと政敵のマルセンがいなくなると、世宗の目指す理想の
朝鮮にすることができるよね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation