スポンサーリンク

大王世宗(テワンセジョン)あらすじ最終話

「偉大なる文字」

世宗は、視力を失いながら完成させたハングルを国中に広めようと
しますが、集賢殿の役人たちの強い反対に遭ってしまいます。

世宗は集賢殿に行き、余は文字の普及を諦める気は全くない!と
マルリに、ただし例外がある…期限は問わぬ、余と戦って勝ったら
文字の創製はなかったことにすると言います。

チョンは、民が卑しく愚かなのは無学文盲だからでなく、
人間の品性を教育で直すことはできません!と言います。

それを聞いた世宗は、机を叩き、余の民を侮辱するな!この愚か者めが!
直せないなら何のために政治をする!ただ民の上に君臨し、
権勢を振るうためか?と激怒します。

世宗はマルリに、民が官吏と同じ文字を使うことも、民が己の権利を
主張することも許せないのは、一段上に立っていたいからだろ。
難解な漢字にしがみつき既得権を守りたいというのが本音だろ?と
聞きます。

世宗は、民の心を思いやる気持ちや、民に仕える意思がない者たちは
皆 この集賢殿から出て行け!それは学士ではない!と言い放ちます。

朝鮮の発展を抑えたい明は、ハングルを広めることを防ごうと、
脅しをかけてきますが、朝鮮は兵の数が明の3分の1しかないが新兵器が
ある。一刻で3千人の明軍が死神と会うことになると宣戦布告します。

世宗は王子の晋陽に、もう首陽と呼ぶべきか?お前に新たな名を授けよう…
〝首陽〟将来 王室の長の立場に就くということだ。よいな!
王室を率いる者として、いずれ君主となるお前の兄を支えてやってくれ!と言います。

首陽は、私の愚かな欲を、ご存じだったのですね…と答えます。

世宗は、お前の立場なら一度は考えることだ。だが欲に捕らわれるな
…と言います。

マルリの辞職願は受け取れないと言う世宗に、首陽は、父上に
ことごとく逆らい、私と共に策略を…と言います。

世宗は、集賢殿の副堤学…この座は彼が戻るまで空けておくつもりだと話します。

世宗は、明により暗殺されようとしていましたが、実行されませんでした。

世宗は一歩も引くことなく難関を乗り越え、遂に発表します。

〝君民正音、我が国の言葉は中国と異なり、既存の漢字とは相通じない。
漢字を知らない民は己の意思を十分に述べ伝えることができない。
余は これを哀れみ、新たに28文字を創製した。朝鮮全ての民がやさしく学び、
日常に用いられるようにするものである〟

世宗は、盲目になりながらも、成し遂げたのでした。

世宗のそばには、ヨンシルがいました…


(感想)
世宗は、ハングル文字を創製した、懐の大きい、
温かい心の持った人だったのね(^o^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました