「運命の出会い」

龍神族の族長サダムは眠っている王のキサン君に、王様が多くを得るほど、
私も多くのものを手にできます。お前はもう私のものだと耳元で囁きます。

幽霊3人衆は、自分達の姿がリンに見えているのかどうかを確かめる
ため、いたずらを実行します。

リンは驚いてその場から逃げ出し、街中でトハと衝突して2人は
重なりながら転んでしまいます。

その時、トハが落とした鈴の腕輪を持ったまま走り去ってしまいます。

トハは、走り去ったリンを追いかける幽霊を見ます。

一方、キサン王はサダムを自分のそばに置きたいと臣下の反対に
耳を貸さずに、王室の繁栄を祈るために道教の儀式を司る昭格署を
再建すると言います。

そんな中、トハは木札を落としたリンを捜していると、
隠れている所にリンが入ってきます。

真っ暗で相手が見えないため、リンはトハを鬼神だと思い鍵をかけて
逃げていきます。

一方、パク領議政はチョンス大妃に、王様に勝手なことをさせないためにも、
リンを宮中に呼び戻すべきだと進言します。

臣下たちが反対する中、パク領議政は王様に、お望み通り昭格署を
再建なさいませ。ただし昭格署の堤調は月光大君(リン)に御任命をと言います。

そんな中、トハが見世物になっているのを見たリンは助け出しますが、
リンに投げ飛ばされてしまうのでした。

リンは宮中の書庫に、たくさんの幽霊が入っていくのを見て、
入っていくと、王のキサン大君がサダムと話しているのが聞こえます。

数日後、昭格署の登用試験があり、全国の巫女が集まり、
トハも試験を受けようとしていました

つづく
(感想)
リンを見守る幽霊たちと、龍神族サダムの悪霊たち。
そして人間。入り混じりすぎて、私には理解しずらいわ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation