テヒは、ハン常務とヨジンの嫌がらせに、我慢の限界を超え、ヨジンに
辞表を投げつけます。

テヒは、もう部下じゃないからね!言わせてもらうわ。世界を手に入れた
気分でしょうけど世の中はずる賢さで渡り歩けるほど甘くないの。だから
汚いマネを続けてると墓穴を掘る日が必ずくるわよ!と言い捨て立ち去ります。

ジュンスはテヒを追いかけていき〝良くやった〟さすが俺の女房 シビれたよ!
話を聞いて俺までスカッとしたと褒めます。

テヒは、軽率だった気がして少し不安なの…あなたに火の粉が飛びそうでと心配します。

ジュンスは、俺もあの会社辞めちまおうかなと言います。

テヒは、私がよそに入って引き抜くまで辞めないで!とラブラブなのでした。

ー5年後ー
2人の間にソラという女の子が生まれていました。

テヒはハン常務にことごとく邪魔され再就職できず、ジュンスは
相変わらず平社員のままで、新婚時代とは打って変わり、2人は
朝から口喧嘩が絶えないのでした。

一方、ハン常務はジュンスが目障りで不愉快だから、次の人員整理の際に
ジュンスをクビにするようにヨジンに指示します。

帰宅したジュンスはテヒに〝昇進した〟と見栄を張ります。

社内のトイレでジュンスは兵役時代にいじめたヨンシクとバッタリ会います。

そんな中、テヒはジュンスが昇進してないと友人から聞いて、
嘘をつかれたと知り、ジュンスを責めます。

クィーンズの役員会議で、ヨンシクは構造改革本部長として入ってきます。

ジュンスはテヒに内緒でヨジンの引越しの手伝いに行きますが、
テヒにバレてしまい、またケンカになります。

そんな中、ジュンスは構造改革本部長がヨンシクだと知り、驚くのでした。

つづく
(感想)
キャリアウーマンだったテヒが、5年もの間再就職できず、
平社員のジュンスの給料で家族3人で食べてたのね〜
最初はラブラブでも、そりゃ、ケンカになるわ♪(^_^;)

それにしても、ハン常務って陰湿な女だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation