ヨンシクはテヒから辞表を受け取った日の夜、テヒのマンションを訪ねて
〝これからは部下じゃないから、俺の好きにする。あなたを女として見る〟と告げます。

テヒは、今まで私を男として見てたんですか?と戸惑います。

ヨンシクは、頭のいい人がなぜ 分からない!と鈍感なテヒにイラつきます。

そこへジュンスが現れ、こんな時間に女の家に何の用だ!と怒ります。

ヨンシクとジュンスはテヒの家にあがりコーヒーを飲み終えると、今度は
マンションの廊下で言い争いをし帰ります。

翌日、ヨンシクはハンは常務に、兄さんがテヒさんにクビを命じたのも
常務の頼みでは?と問います。

ハン常務は、無関係だと申したはずですがと否定します。

ヨンシクは、僕にクビを断られて彼女に何か言ったようだけど その内容は?
まさか一介の契約社員にプレゼンの責任を問うはずはないし、常務に
何か言われたら辞表を出すのかなと…一晩中考えたら分かりました。
〝辞めないと同僚に被害が〟こんな陳腐な脅し文句では?だから同僚思いの
彼女は辞めることを決心した…のではないかと話します。

ハン常務は、これから役員会議があるからと答えを言わないのでした。

ヨンシクは、社長を狙う常務にとって1番の敵は僕だ。倒すためには僕の
チームを潰す必要があるから、1番頼りにされてる彼女は邪魔な存在で
何としてでも排除したいはず。手を出せば容赦しないと言いましたよね。
社長の座に興味がなかったけど、あなたを社長にはさせませんと宣戦布告します。

同じ頃、ジュンスはテヒを会社の廊下に呼び出し、辞表を出したのか?
プレゼンの責任をなぜ お前が責任を取るんだ?と聞きます。

テヒは、あなたと違って責任感が強いの!と立ち去ろうとします。

ジュンスはテヒの腕を掴み、元夫が目障りだからか?と聞きます。

テヒは、いろんな理由があるけどそれも1つよ。みんなに知られるのも
時間の問題で不安だし、顔を合わせるのもイヤなの…と答えます。

しかし、そのやり取りを同僚に聞かれてしまい、テヒの辞職や離婚の噂が、
社内に広まってしまいます。

ジュンスはテヒに、俺はお前とやり直したい…問題があるなら2人だけで
解決したい。第三者入れずに2人だけでだ。そうしてくれと頼みます。

そんな中、ヨンシクの母親が現れた時たと聞いた兄は、会長にもヨンシクにも
会わせるなと命じます。

一方、ヨジンは自分が企画した製品で副作用が出たため、隠そうと必死になって
いるのをテヒは聞いてしまいます。

つづく
(感想)
テヒは、仕事のできる女性だから、スーパーに就職しても
大丈夫だと思ったら、人には向き、不向きがあるんだということを
思い知らされたわ(^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation