ホ・ギュンは追い詰められ自害しようとしますが、ジュソンに捕まってしまいます。

ジュソンはホ・ギュンをイチョムに差し出し、逆賊を捕らえたと告げます。

ジュソンは光海君と王宮で対峙し、ホ・ギュンは私が黒幕だと言い張るでしょう。
私と共に謀反を企てたと…と言います。

光海君は、そなたは無実だとでも?と聞きます。

ジュソンは、いいえ。私も共謀しました。ホ・ギュンが使った明の地雷火も私が
仕入れました。私が自白しても王様には断罪できぬでしょうと言います。

光海君は、断罪できぬだと?いいや!今すぐお前を捕らえ四肢を引き裂ける。
お前は明の権力を笠に着て王を愚弄し続けた。その罪は もみ消せたとしても
露呈した謀反の罪は避けては通れぬぞ!と憤怒します。

ジュソンは、私の力と私の金で朝廷へ送り出した者の数をご存じですか?
王座?それでは試しにホ・ギュンを尋問なさればいい。一向に構いません。
私は命を懸けて逆賊を捕らえたのです!なのに罰せますか?王様も
知ることができない配下の者たちが この私を守るでしょうと含み笑いを浮かべます。

光海君は、だから堂々と会いに来たのか。策を企て お前の力と配下の者を信じて?
ようやく仮面を脱いだのだな。これでやっと互いに腹を割って話せそうだ。
その前に一つ教えてやろう…自分の息子は手なずけられないようだな…とイヌが
父のジュソンを告発したことをほのめかします。

一方、イヌはジュウォンに、父の裏の顔を長い間隠してきた…と明かします。

光海君はジュソンを帰らせると、ホ・ギュンを八つ裂きの刑に処すと王命を下します。

一方、貞明公主は爆発を止めて負傷し、光海君の計らいで御医から治療を受け回復します。

光海君は、ジュウォンが貞明公主を心配する姿を見て、彼の気持ちを知り
最後まで妹を守ると約束します。

そんな中、ゲシは医官に、貞明公主に殺害するため毒を盛るように命じます。

貞明公主は御医の指示と言われ王宮に行き、医官に煎じ薬を差し出されます。

貞明公主は医官に、この薬に何を入れた?私を殺そうとしたのは誰だ?と
問い詰めます。

同じ頃、御医は貞明公主を王宮に呼んでないと分かったジャギョンと
ジュウォンは動揺します。

ジュウォンは王宮に向かいます。

一方、光海君はゲシに、そなたたちが殺そうとした公主は生きているのだと告げます。

つづく

華政(ファジョン)あらすじ26話(感想)

貞明公主が煎じ薬を怪しいと気づいて、飲まなくてよかった〜
光海君はゲシをどうするかしら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation