華政(ファジョン)あらすじ58話

世子が体を壊していると報告されたヨジョンは、うれしそうにします。

そして、医官を東宮殿に送り込み昭顕世子の暗殺をもくろむのでした

そんな中、昭顕世子は謎の死を遂げます。

ジュウォンと貞明公主は、幽閉されている昭顕世子を救おうとしますが、
手遅れなのでした。

貞明公主は仁祖に、殺しはしないと仰ったじゃないですか!本当に何も
ご存じなかったのですか?と泣いて責めます。

仁祖はヨジョンに、お前とジャジョムが世子を?と聞きます。

ヨジョンは、私は何もしていません。そんな恐ろしいマネなど私にはできません。
医官のヒョンイクが診た時には すでに手遅れだったのです。内医院日誌にも詳細に
書かれています。ですから この件で私とジョジャムを責めないでください。
もし我々を断罪すれば王命で診察させたと認めたことになるのですと脅します。

華政(ファジョン)あらすじ58話後半

そんな中、ジュウォンはジョジャムから、医官に診察を命じたのは王様なのだと
聞かされ衝撃を受けます。

突然の昭顕世子の死に宮中はかなしみにくれ、貞明公主は仁祖に、死の真相を
究明すべきです。この残酷な事件を不問にしてはなりません!と
訴えます。

一方、官吏たちは世子の死の真相を究明しようと立ち上がり、都中の民も
真相究明を訴える抗議行動に出るのでした。

つづく
(感想)
昭顕世子を殺し、仁祖までも脅迫する側室のヨジョンとジャジョンは
本当にひどいよね。仁祖もしっかりしてほしいわ〜〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation