華政(ファジョン)あらすじ62話

貞明公主は仁祖が王として最期の選択に不安を覚え、ジョジャムに会いに行きます。

ジョジャムは、やはり会いに来ましたか…実に矛盾していますが、公主様が助言を
求める相手は私しかおらぬでしょう。ジュソンが釈放されたそうですね。それも
予想通りですと話します。

貞明公主は、本当にジュソンの悪事を告発しないつもりか?そなたは左議政まで
務めたのに国と民を思う気持ちは少しもなかったのか?と聞きます。

ジャジョムは、私のようなものにはありません。そんな気持ちも持てません…ですが
もしかすると別の誰かは違うかもしれません。私が知る最も弱く愚かな人間…そして最も
貪欲な人間は私とは違います。国と民を守る気持ちは少しはあったようですと答えます。

貞明公主は、どういう意味なのだ?別の誰かとは?ジュソンではないはずだ。まさか…と言います。

華政(ファジョン)あらすじ62話

貞明公主は尚膳から、王様からの伝言を聞きます。ジョジャムと尚膳から
仁祖の本心を聞かされ、世子のために朝廷に残る奸臣どもを追放するための王様の
計画だったことに驚きます。

一方、キム・リュは顧命大臣の権限を利用してジュソンの指示通り嵩善君を王位に
就けることにします。

便殿会議で命令書が開封されると、そこには何も書かれていなかったのでした。

動揺する重臣たちの前に、危篤だと言われている仁祖が現れ、キム・リュやヨジョンが
捕まります。

そんな中、王宮から抜け出したジュソンは清の助けを得て権力を奪還しようとしていました。

仁祖は鳳林大君に、そなたは悔いを残すような王になるな…そして兄を殺した者どもを必ず…
と伝えながら倒れます。

死の間際仁祖は貞明公主を呼び、今になってようやく分かった…私が本当に
憎んでいたのは公主ではなく、己自身だったということを…責めを負うべき人間は
公主ではなく私だったと自分の思いを包み隠さず語るのでした。

貞明公主は、いいえ…王様。未熟で弱かったのは私でした。王座の重みが
どれほどか分かっておりませんでした。しかしいつも王様に寛大な心を求め続け
断罪しようとばかりしました。愚かだった私をお許しください。責めを負うべきは
未熟な私でしたと許しを請います。

仁祖は、私は死を間近にしても公主の前で過ちを認めるのが嫌だった。
なのに公主は私に許しを請うのか?と涙を流すのでした。

つづく
(感想)
仁祖は貞明公主に素直に自分の思いを、死を間近にして話したね。
王様も人の子、側室もヨジョンのような女を選んだのが悪かったように
感じるわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation