スポンサーリンク

千秋太后 あらすじ7話

千秋太后 あらすじ7話「愛と別れ」

自身の命が長くないと悟った景宗は、占術にたけ、歴代の王建の策士として名を馳せた
チェ・ジモンを皇宮に呼び、息子は皇位につけるかと質問します。

ジモンは、占いによりますと太子様は必ずや皇帝になられるでしょう。
ですが太子様を脅かす者がおります。天を観察したところ一時的に現れる星が
皇帝の座を侵しています。すなわち皇位を狙う者がいるのですと占います。

景宗は、一体 誰なのだ?と尋ねます。

ジモンは、北方から流れてきた巨星です。その巨星を南方の星々が取り
囲んでおります。対立する者同士手を結んだのですと答えます。

景宗は、黄州院君と新羅系であろう…案の定 そうか…さすが名声に違わぬ眼力の
持ち主だな。どうすべきか手立てを教えよ。官軍を動員して皆殺しにしてやりたいが
官軍も信用できぬゆえ そなたを呼んだと言います。

ジモンは、私めにおまかせください。ただし 私に全権をお委ねくださいませ。
密かに計画を進めるにはそれ相当の力が必要ですと答えるのでした。

ジモンは内議令に任命され政事を一任されます。

ジモンは王子の将来を心配する景宗を言葉巧みにだまし、自分を流刑に
追い込んだ者たちへの復讐を果たそうと、次期皇帝になるのはワン・チで
あると確信し、ワン・チに王権を揺るぎないものにするためには、スと息子のソンを
引き離さなければならないと助言します。

そんな中、ワン・チは祖母の明福宮に、新羅系の商人の娘プヨンを娶ると
言い出します。

祖母は、れっきとした妻がいるだろう。お前の師がそのように勧めたのか?
お前の父は私の前で毒薬を飲み、お前の母は首を吊った…私の兄弟たちも
目の前で殺されたのだその時の私の気持ちが想像できるか?それでも
お前は新羅系に与するつもりか!と激怒します。

そして、景宗は新羅系臣僚の陰謀によって仕込まれた毒に倒れ、危篤状態となり、
黄州院君に譲位します。

景宗はスに見守られながら亡くなります。

つづく
(感想)
景宗は流刑地にいたジモンを呼び寄せたことが、
アダになってしまったね。
スの兄ワン・チは、欲望のためなら妹と甥がどうなろうと
いいんだね〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました