スポンサーリンク

奇皇后 あらすじ 13話

「届かぬ思い」

死にたい…と言う陛下に何も期待しないでと言うスンニャン。
パク・オジンが再診を受ける事になり、尋問場に連れて行かれるが
懐妊していると告げられる。

パク・オジンを守る為にスンニャンは内官のトクマンに相談する。
皇后の仕掛けた罠だと言い、脈をとる腕をスンニャンの腕でしたのだった。

皇后は、罪を償う為に席稾待罪をするが、気を失い倒れてしまう。

パク・オジンが才人(側室)に任じられます。
スンニャンは大殿付きの女官になり、陛下から3歩以上離れる事を禁じられる。
ヨンチョルに命を狙われているスンニャンを、一番安全な自分の側に置く。

ワン・ユたちの死の報告で、スンニャンは悲しみで泣き、希望を失い痩せていく。
心配した陛下は毒味係りにして、沢山食べるよう言います。

夜の散歩を楽しむ陛下。スンニャンも少し笑顔がもどる。

その頃、ワン・ユ達は宮中に向かっていた。

スンニャンが病気で寝ていると、夢の中でワン・ユがタンギセに殺され、うなされる。
ペナン将軍が戻ってきたと、勝利の知らせがきます。
ワン・ユも生きて帰ってきたと報告されます。

つづく

スポンサーリンク

奇皇后 あらすじ 13話 感想

皇后付きの女官ポン尚宮は、やはりインス大妃でも、大様(チャサン君)付きの女官なんです。

どちらの役も、尚宮様は悪やな〜みたいな役ですが、

私、この方が出ている韓国ドラマは、大好きです。

奇皇后のDVDが予約開始です。♫
発売予定日は2014年12月24日です。
お宝映像もある永久保存版です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました