千秋太后(チョンチュテフ)43話

「ソンの苦しみ」

崇徳宮主は開京から遠く離れた流刑地でチヤンの生存を信じて過ごしていました。

そんなある日、崇徳宮主を刺客が襲います。

危ういところを下級兵士キム・スックンに助けられ、崇徳宮主は命拾いを
します。

一方、成宗は契丹の姫チャルリを側室に迎え、チャルリから金丹を飲まされ
薬物中毒になっていました。

孤立したソンは、学問を遠ざけ狩や酒に明け暮れていました。

そして、文和王后が新羅系臣僚らと次期国王について議論を繰り返す中、
成宗は病床から起き上がり、突如 慶州を訪問すると言います。

成宗は王后に秘密裏に崇徳宮主に会いに行きます。

つづく

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ43話
(感想)
あの小さかったソンは、すっかり大人になり、
堕落した生活を送る姿にびっくりしました。
崇徳宮主が知ったら、嘆くでしょうね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation