スポンサーリンク

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ60話

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ60話

「はかない夢」

ミラの懐妊で千秋太后もうれしさのあまり駆けつけ、これで国と皇室が
救われます。男児が生まれるよう各寺院で祈願せよと命じました。近く
祝いの宴を催すつもりですとミラと穆宗に告げます。

その頃、サガムンはサイルラから、ミラが懐妊したと聞いて、
あの女が男児を産めば計画のすべてが水の泡になると焦ります。

チヤンは、いいや…帰って我々の好都合だ。ヘンガンが大手柄を立ててくれたと
含み笑いします。

ミラの懐妊で宮中が沸き立つ中、チヤンは千秋太后に、ミラのお腹の子は穆宗の子でない。
黒幕はウォンスンと延興宮主らで、陛下を惑わすよう仕向けたと告発します。

千秋太后は、ショックを受け、それが事実なら極悪非道な罪人たちを私が自ら尋問し
処断しますと激怒します。

そして尋問が始まって、罪が明らかになっていきます。

穆宗は最愛のミラに裏切られて失望しながらも、心から愛していたミラが
尋問で苦しまぬよう刀を抜き振り上げ殺します。

ウォンスンらは極刑に処され、延興宮主は流刑地に送られます。

一方、チヤンの調査を続けるヒャンビは、チヤンたちの話を盗み聞きしてしまい、
サイルラに追いかけられついに詰め寄られるのでした。

つづく

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ60話
(感想)
ヒャンビはチヤンが東州出身ではないと聞いて、麻衣太子と
どういう関係なのかサイルラに剣を向けて質問してたけど、
殺されてしまうのでは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました