スポンサーリンク

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ72話

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ72話

「つかのまの夢」

穆宗は宮殿を出て、ようやく自由になって安らかな生活を得られると思っていた矢先、
延興宮主の命令を受けたイ・ヒョヌンらによって命を落としてしまいます。

千秋太后は、まだ死んではなりません…どうか目を開けてください!ひどいでは
ありませんか 今後 どう生きていけばよいのですか…私1人置いていかないで
くださいと泣き叫びます。

千秋太后は、全てを捨てた陛下をなぜ殺したのだ?と激怒します。

アン・ぺは、カン・ジョ将軍の命令ですと答えます。

千秋太后は、こやつ 嘘をつくでない!かん将軍が何のために陛下を殺すのだ!と詰め寄ります。

アン・ぺは、死にたくなければ おとなしく忠州へ行ってくださいと言います。

千秋太后は、殺したければ殺せ!2人の息子に先立たれて生きていて何になろう。
殺せ!さっさと殺さぬか!と叫びます。

千秋太后は、一体誰が陛下を殺せと命じたのだ?と聞きます。

ヒョヌンは、本当にカン将軍です。我々は将軍の部下ですからと答えます。

千秋太后は、話にならぬ!カン将軍が私を裏切るはずはない!と言います。

ヒョヌンは、私を信じてください。太后はもちろん皇后まで死ぬことになりますよ。
皇后に死んでほしいのですか?と脅します。

スポンサーリンク

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ72話

一方、宮殿では延興宮主らの思惑のまま、千秋太后の側近でだったガムチャンは降格し、
カン・ジョは官職を剥奪され軟禁されます。

そして、延興宮主は娘のジョンを顕宗に嫁がせることに成功して復権を目指します。

そんな中、延興宮主は黄州小君が生きていると伝えられ、太后の血が流れている子だ
必ず始末せねばならぬと殺せと命じます。

顕宗はジョンに、朕は政治とは縁がなく宮中のこともよく知らなかったが、
気がついたことがある。大臣の多くは延興宮主とつながっている。
だからこそ結婚を急いだのだろ。延興宮主が犯した罪を責めるつもりはない。
そなたを皇后に迎えたからには蒸し返すのも筋ではなかろう。
ただし、朕が皇位にある限り私を脅す連中 または その黒幕に操られぬと告げます。

ジョンは、私も政治についてはよく存じません。まずは私の冠をとって
くださらねば…と促します。

顕宗は、長らく寺にいたせいか女人の扱いも知らぬ。今日はやむなく訪ねたが、
今後は自分の寝所で1人で休む。今夜は先に休んでくれ。朕は考え事をしながら
ここで夜を明かすと告げます。

契丹では蕭太后が亡くなると、契丹の大軍が高麗に攻め寄せてきます。

つづく
(感想)
契丹の不穏な動き、心配だよね〜
顕宗は延興宮主が黒幕だと知っているんだね。

トギョンは黄州小君を連れて契丹のハンに助けを求めたのかしら?
黄州小君はどうなるのかしら?

コメント

タイトルとURLをコピーしました