千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ75話

「絶体絶命」

契丹に寝返ったヒョヌンとアン・ぺが高麗軍に嘘の情報を流し、高麗軍の戦力は分断されます。

カン・ジョの陣営は20万の軍勢を率いながらも敗戦を喫し、カン・ジョは
契丹の捕虜となってしまいます。

一方、カン・ジョに会うため通州に向かっていた千秋太后は、鎬京城に立ち寄って
休息を取っていると、契丹軍が攻め入ってきます。

応戦する構えを見せる千秋太后は、契丹軍を率いる聖宗とともに人質となった
カン・ジョの姿を見て驚愕します。

契丹の聖宗は降伏するように千秋太后に言います。

カン・ジョは千秋太后に、捕虜となったことを詫び、最後まで弱気にならぬよう叫び、
城内にいる兵士たちも最後まで戦うのだと命じます。

そんな中、千秋太后は黄州小君が生きていると聞かされ驚きます。

つづく

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ75話
(感想)
千秋太后はカン・ジョを助けるための秘策があるのかしら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation