千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ76話

「敵地に散った大望」

鎬京城の高麗軍は、カン・ジョを救出するため契丹に降伏するふりをして
奇襲をしかけます。

しかし、タク・サジョンとチェ・サウィの裏切りにより作戦は失敗に終わり、
テ・ドスが捕らえられてしまいます。

カン・ジョとテ・ドスは牢で再会します。

千秋太后自ら戦った契丹軍は、鎬京城を陥落できず退散します。

一方、契丹軍が開京に攻めてくるという知らせを受けた顕宗は、やむをえず
都を出て避難することを決めます。

牢で再会したカン・ジョとテ・ドスは開京まで占領されたと聞いて高麗は
おしまいのようだと心を痛めます。

カン・ジョは、何もせぬまま終わりたくないと、ひそかに敵の皇帝を
殺そうと計画を立て聖宗に降伏を申し出ます。

しかし、計画は失敗し、テ・ドスは殺されてしまいます。

カン・ジョは100人の兵と戦って勝てば命を助けると契丹の皇帝から
言われ、戦いますが壮絶な死を遂げます。

千秋太后はカン・ジョの死を悲しみます。

つづく

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ76話
(感想)
高麗は契丹に敗北したの?
でも千秋太后が黙ってなんかいないよね!
高麗のため、カン・ジョの死を無駄になんかしないよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation