千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ77話

「皇帝を救うため」

千秋太后はカン・ジョの遺体を抱き、救ってやれなかったことを悔い、
悲しみに暮れながらも契丹に追われる顕宗を救うため急いで馬を走らせるのでした。

一方、山中を進んでいた顕宗の元に契丹軍がすぐそこまで迫っていると知らせが届き、
危機を脱するためやむなく契丹軍に使臣を送ります。

契丹の聖宗は使者を投獄し、高麗王を追えと命令します。

交渉に失敗し契丹軍が近づいていると伝えられた顕宗は、延興宮主と元貞皇后と
二手に分かれて逃げることにします。

千秋太后たちは、皇后と延興宮主を救い、すぐに顕宗たちを救うために
出発します。

その頃、黄州小君は女真族の言い伝えにより、クマのいる洞窟の中に
入っていくのでした。

一方、契丹のヤユル・ムギ率いる部隊に囲まれた顕宗一行は、駆けつけた
千秋太后に間一髪のところで助けられます。

つづく

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ77話
(感想)
千秋太后は矢を放ち敵と戦う姿がカッコいい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation