千秋太后(チョンチュテフ)79話

「長き戦いの果て」

黄州小君はクマの住む洞窟でたった1人で、クマの乳を飲み5日間生き延び戻ってきます。

女真族の大首長は、この子が女真族を1つにまとめ、さらには その子孫が
大帝国を築き上げることになろう!この子は私の後継者として育てる。
この子の名はキム・ジンだが 今日からその名をグム・ジュンに改める。
そして将来この子の姓〝金〟が国の名前となる!高麗はもちろん、契丹までをも
震え上がらせる女真族の大帝国の名になるのだ!と叫びます。

一方、黄州小君が女真族の後継者になったとは夢にも思わず、息子に会えない
運命を呪い涙にくれていました。

一方、退却中の聖宗が近くにいることを知ったヤン・ギュとキム・スックンは、
彼の首を取るべく命をかけた最後の戦いに臨み戦死します。

契丹は高麗を征服できずに退却します。契丹が退いた翌年の2月、顕宗は
開京に戻ってきます。

顕宗は千秋太后に、朕は政争と反目の時代を終わらせたいと告げます。

千秋太后(チョンチュテフ)79話後半

千秋太后は、話になりません!国のためにも延興宮主らを許せばべいかを侮り国に
害を及ぼすでしょうと反対します。

顕宗は、私田の小作料の引き上げも行わぬつもりです。太后様の意図は
よく理解していますが あまりに急進的です。国をまとめるどころか地方の反乱を
招いてしまいますと話します。

千秋太后は、渤海や高句麗の旧領を取り戻すため契丹を滅ぼさねばなりません。
それには大軍が必要でしょうと説得します

顕宗は、北進政策についても賛成しかねます。多くの民が血を流すことになるからです。
今は戦を避け内政を充実させねばなりません。領土を広げるために民の犠牲が
避けられぬのなら、領土より安定を選びますと宣言します。

つづく

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ79話
(感想)
千秋太后とチャンの息子の黄州小君は神がかってるね〜
やっぱり大物になりそうね(o^^o)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation