スポンサーリンク

むやみに切なく あらすじ20話(最終話)

むやみに切なく あらすじ20話(最終話)

「春も夏も秋も冬も、君を愛してる」

ジュニョンは海に向かって、助けてください!死にたくない 助けてください。
俺が死んだら母さんはどうなる…今まで 親孝行できなかった…母さんを傷つけて
ばかりだった。母さんに親孝行したいのに…死ぬなんて…
俺は生きたい。死にたくない 生きたい。愛する人たちは ここにいるのに…
やっとウルと幸せになれるのに 俺だけ死ぬなんて 死にたくない。生きたいです。
助けてください。怖いんです…と泣き叫びます。

ウルはそんなジュニョンを抱きしめ、私が悪かった…ごめんなさいと涙を流します。

一方、ヒョンジュンはウルから受け取った映像をインターネット上に流し、
警察署に出頭してすべての罪を自白します。

アメリカに逃げようとしていたジョンウンも警察に逮捕されます。

ひき逃げ事件の真相がすべて明かされ、ウルとジュニョンは2人きりで幸せな時間を過ごします。

やがてジュニョンはウルやジテとの過去すら忘れてしまい、自分の名前すら忘れます。

ジテはジョンウンに面会に行き、罪を償って出るんだ…待ってると告げます。

その頃、ジュニョンは母ヨンオクが作ったユッケジャンを食べて記憶を取り戻し、謝ります。

ヨンオクは、ドアを開けとくから いつでも来なさい…花が咲いても…あなたが
来たと思う…風が吹いてもあなたを感じる…雨が降ってもあなたの気配を感じる…
雪が降っても あなたが来たと思う…ありがとう ジュニョン…
生まれてきてくれて…と話します。

ジュニョンは、俺も…母さんが俺の母さんで本当に良かったと告げます。

その夜、ジュニョンとウルは初めて仲良く写真を撮ります。

ジュニョンはウルの肩に頭を乗せ眠るように息を引き取るのでした。

むやみに切なく あらすじ20話(最終話)
(感想)

ジュニョン役のキム・ウビンの魅力が最高でした❣️
泣いちゃったよ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました