スポンサーリンク

奇皇后 あらすじ 15話

「挑戦状」

スンニャンを追いかける陛下から、隠れるワン・ユとスンニャン。
ワン・ユは、寒いであろう。と自分の羽織物をスンニャンに掛けてやります。

一方、スンニャンを見失い、スンニャンの女官部屋で帰って来るのを待ちますが
みすぼらしい部屋の中で、鏡台や寝台を新しく入れてやろうと思うのです。
スンニャンの手拭きを見つけて、匂いを嗅いで胸にしまってしまいます。

ワン・ユは血書があり、ヨンチョルは事情を知る者を疑うはずだから、もっと煽り
ヨンチョル自らその者を始末させる。何としても高麗の王に復位してみせる。
そのためにヨンチョルを倒さなくては。とスンニャンに話します。

スンニャンが私も手伝いたい。と言うが、ワン・ユは二度と危ない目には合わせられないと
断り、この件には決して関わるなと命じます。

皇太后がワン・ユを招き食事会を開きます。
陛下はワン・ユに負けまいと詩を披露するが途中までであやふやになる。
しかし、ワン・ユは杜甫の詩を見事に披露し、皆は感心します。

陛下はワン・ユをライバル視し、蹴鞠で戦うために練習に励むのですが
余りのお粗末さに見ていたスンニャンは思いっきり蹴り、スンニャンに勝てなくて
陛下は拗ねて帰ります。

スンニャンが部屋で女に首を絞められます。
先帝の死を受け入れられず正気を失ったノ尚宮でした。

パン内官はワン・ユに内緒でスンニャンに上奏文を渡します。
スンニャンは、他の上奏文と混ぜる事に成功します。

ヨム・ビョンスが始末した親衛隊長が原因で疫病に罹ったとタルタルは気づきます。

ワン・ユは、報奨金を持って高麗村に行きます。村の中を通って近道をさせてくれる代わりに
10歩毎に20両払うのでした。

陛下はワン・ユに蹴鞠の勝負を挑みますが、ワン・ユは勝負には賭ける物が必要と言うのでした。

ヨンチョルは上奏文の中に〝先帝の血書が現れる日、天地は激怒し血の雨が降る〟と書いてある
上奏文を見て、私に挑戦するのは誰だと激怒します。

つづく

スポンサーリンク

奇皇后 あらすじ 15話(感想)

タナシルリはワン・ユに惹かれているようだけど、滑稽で可哀想な感じですね。

陛下もスンニャンの手拭きを匂いを嗅いだり、妄想したりするのが頼りないね〜

ワン・ユ、あなたは蹴鞠で何を賭けたの?

奇皇后のDVDが予約開始です。?
発売予定日は2014年12月24日です。
お宝映像もある永久保存版です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました