記憶〜愛する人へ〜あらすじ5話

「過去は取り戻せない」

チョン弁護士の説得でソニの訴訟は解決します。

一方、ヨンジュはテソクの書斎で〝ピエロの仮面〟と書かれたノートの中に、
〝ドンウ〟の文字を見つけ、何も見なかったように無心に掃除をします。

その頃、テソクは精密検査のために病院を訪れ、自分の症状の不安から
友人の医師に怒りをぶつけます。

友人の医師は、禁煙禁酒とストレスをためないようにしろと言います。

病院から出ようとしたテソクはチュ記者と出くわしますが、チュ記者から
親しそうに話しかけられても、すぐには彼を思い出せないのでした。

そんなある日、テソクはチャ教授が起こした交通事故の件で、韓国グループの
シン副社長に呼び出されます。

テソクは事故を起こしたチャ教授に自首を勧めます。

シン副社長はチャ教授に、逃げる前にやるべきことがあっただろ 証拠を残すなよ。
あきれて物が言えないと言います。

記憶〜愛する人へ〜あらすじ5話後半

それを聞いていたテソクは思わずシン副社長を殴ってしまいます。

テソクは交通事故で亡くなった息子ドンウを思い出していました…

ドンウのひき逃げ現場を訪れたテソクは、今も犯人を追う前妻ウンソンに
事件を忘れろ…引きずるのはよせ。俺を見ろ!再婚して子供もいて普通に暮らしてる!
時効も過ぎた…頼むからお前も自分の人生を生きてくれ。いい人と再婚して
また子供を作るんだ!俺のように幸せに暮らせ!と告げます。

ウンソンは、よく忘れられるわね。私はあの子の足の指まで はっきり覚えてる。
それを忘れて あなたのように普通に暮らせと?時効?だから諦めろと?ドンウが
誰のせいで死んだか私は知りたいの!と言い合いになります。

テソクは、それを知って何が変わる。証拠もないし 目撃者もいない!と
言います。

ウンソンは、今回は違う。何があっても捜し出すわ。自分のしたことを分からせてやる。
そうしないと私は息もできないと憎しみを訴えます。

テソクは、俺がつらいんだ…お前のそんな姿を見たくない!俺が苦しいんだ…だから…
と涙を流します。

ウンソンは、苦しめばいい…一生 苦痛を味わって…あなたに望むのは それだけよ。
もう来ないでと言って立ち去ります。

テソクは酔ってウンソンの家で眠り込んでしまいます。

帰宅したウンソンが起こそうとした時、テソクの携帯にヨンジュから
電話が鳴ります。

ウンソンはその電話に出て、テソクが寝ていると話します。

ヨンジュは動揺しながらもテソクを迎えに行きます。

つづく

記憶〜愛する人へ〜あらすじ5話
(感想)

テソクは確実に病状が進行してきてるね…
ウンソンとヨンジュ…2人とも冷静沈着な女性です。
テソクは女運がいいかも(๑>◡<๑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation