スポンサーリンク

記憶〜愛する人へ〜あらすじ7話

記憶〜愛する人へ〜あらすじ7話

「ひき逃げ犯の行方」

テソクの先妻ウンソンは息子ドンウのひき逃げ犯を捕まえようと、夜通し
事件現場で張り込みます。

一方、テソクはシン副社長の差し金で暴行を受け顔が傷だらけで
家族が寝入ってから帰宅し、朝起きてくる前に家を出ます。

秘書のソナはテソクの顔のギスを見て、まさかシン副社長が?と聞きます。

テソクは、証拠はないがな…とうなずきます。

そんな中、〝幼児ひき逃げ事件 現場に謎の花束〟〝15年過ぎなぜ現場に花束が…〟
という記事が、掲載されます。

大善ローファームのイ代表はテソクがリークしたのではないかと探りをいれます。

ヨンジュはテソクのコートから見慣れない薬の箱を見つけ、それがアルツハイマーの
薬だと分かりショックを受けます。

ヨンジュはテソクの友人で医師に、主人がここに来た理由は?私は妻です。
彼に何かあるなら私も知るべきですと詰め寄ります。

医師はヨンジュに、アルツハイマーですと告げ、テソクは平静を装っているが
動揺しているでしょうね。あいつなら根性で乗り超えられますと励まします。

ヨンジュは、そうですね…彼なら負けたりしませんと答えます。

気丈に振る舞っていたヨンジュは1人になると、泣き崩れるのでした。

イ代表の息子イ・スンホは罪悪感から逃れられずテソクを呼び出しますが
自分がひき逃げ犯だと打ち明けられないのでした。

つづく

記憶〜愛する人へ〜あらすじ7話
(感想)

イ代表は息子のスンホが交通事故を起こし証拠隠滅したんだね。
そして、自分の法律事務所にテソクを置いておけば、捜査の状況など
分かるものね。テソクは騙されてたんだね〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました