スポンサーリンク

記憶〜愛する人へ〜 あらすじ13話

記憶〜愛する人へ〜あらすじ13話

「犯人を知る男」

ヒョヌクを追いかけたカン検事は見失ってしまいます。

ヒョヌクは何者かに拉致されていました。

一方、テソクの息子ジョンウは道端で吐いてる父テソクに気がつき、心配し声をかけ
一緒に帰ることなり歩き出します。

テソクはジョンウに、腹減ったろ。ドンウが待ってるぞと言います。

ジョンウは、誰のこと?この間も僕に〝ドンウ〟と言ったと質問します。

テソクは、間違えただけだと動揺します。

テソクの運転する車に乗ったジョンウは道を間違えるテソクに、今の所を右折だったのに…
次の信号を左に行こう。ナビをつけて帰ろうと言います。

しかし、テソクはナビの使い方も分からなくなっていて、ジョンウは
ゆっくり行こう。急がないで…とテソクの様子に不安を覚えます。

帰宅したジョンウは母のヨンジュに、パパが変だ…家の近くで道に迷ったと話します。

ヨンジュは戸惑いながらも、そういうこともある…忙しいから疲れているのよと答えます。

翌日、テソクはウンソンに呼び出されヒョヌクの似顔絵を渡されます。

テソクはウンソンとカン検事に、昨日、俺が見た時はスーツだった…
事務所のトイレでに会ったの男だ。ハンカチで取っ手を握ってた 潔癖症だと話します。

シン副社長の離婚協議では妻側のト弁護士がテソクを追いつめます。

テソクは全力でこのゲームに負けるという言葉通り、シン副社長に養育権と高額の
慰謝料を提示することを勧めます。

そんな中、テソクは父親から、母さんが死にそうだと伝えられ、すぐに向かいます。

家に行ってみると、母親は元気で 父さんが嘘を言った分かります。

テソクは母親に司法試験が受かったら贅沢させてやるからと抱き寄せます。

母親はテソクの言葉を聞いて一抹の不安を感じます。

チョン弁護士はテソクに、ドンウの話をしてくれて感謝します。つらいでしょうが
心を強くお持ちに…と告げます。

そんな中、秘書のソナは、テソクの捜している男ヒョヌクが、イ代表の部屋から
出てきたことを突き止めます。

それを聞いたテソクは、イ代表にこの男を知っていますか?昨日 ここに来ましたね?
スーツ姿でした。どうです?と似顔絵を見せます。

イ代表は、確かに似てるなと答えます。

テソクは、誰ですか?奴が代表に会いに来た理由は?と尋ねます。

イ代表は、なぜ興奮する?と聞きます。

テソクは、ドンウを殺した奴です。犯人ですと言います。

イ代表は、金を要求したなら目撃者では?と聞きます。

テソクは、犯人の可能性が高いです…誰ですか?と尋ねます。

イ代表は、私の知人と同一人物とは限らないと答えます。

テソクは、私が確認します。名前と連絡先をと詰め寄ります。

イ代表は、連絡先は分からない。父親は会社倒産で海外逃亡。母親は脳出血で意識不明。
彼は債権者に追われ解決方法の相談に来たと話します。

代表との関係は?と問うテソクにイ代表は、以前 父親の法律相談を受けただけだ。
突然で私も困惑したと話します。

テソクは、奴は私を知ってる…身元がバレる危険があるのに来ますか?
名前と倒産した会社名は?と問い詰め名前を聞き出します。

つづく

記憶〜愛する人へ〜あらすじ13話
(感想)

テソクは自分の病気をチョン弁護士に知られたと気づいたみたいだね。
でも、気づかれたのが信頼している後輩の弁護士で安心したのかも
しれない…

テソクはアルツハイマーが進行する前に、息子ドンウをひき逃げした
犯人を見つけたいと考えているんだよね(;ω;)

さあ~て、私もサプリ飲んで頑張ろっ!(何を頑張るかは不明)^^;

コメント

タイトルとURLをコピーしました