魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~第1話無料!

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋あらすじ25話

「処刑台の王女」

ついにヨニの火刑の日が訪れ、ホンジュに操られたプンヨンは三昧真火で刑を執行し始めます。

やがて暗雲がたれこめ、妊娠中の王妃パク氏に異変が起こります。

驚いた王様は、大妃が王女を殺してはなりません。王室に呪いが降りかかりますいう言葉が頭をよぎります。

獄中のジュンを訪ね、巫女のホンジュの狙いが王統の断絶だと気づきます。

白髪になったヨニを見てプンヨンは正気に戻り、釈放されたジュンも刑場に現れる。

人々が驚く中プンヨンは兵と戦います。

ジュンは、はりつけにされたヨニを救おうと火の中に入っていき

助け出します。

ジュンはヨニに、お前のために何もできぬまま失ったらと思うと怖かった…と告白します。

一方、王妃パク氏は流産します。

ヨニはパク氏を心配し王宮へ向かい、ジュンと〝心安水〟を作ります。

王様はジュンとヨニに、疫病が収まらぬ限り王女への民の怒りは続くと話します。

ジュンは、王女様のせいにしていることを考えると、疫病の原因は黒呪術かと…王女様が解呪すれば疫病は収まりますと答えます。

王様は、お前たちにホンジュの処罰を委ねる。必要なものがあれば何なりと申せと言います。

ジュンは、そのお言葉だけで十分 心強いですと答えます。

一方、プンヨンはホンジュに操られヨニを三昧真火で殺そうとした

自分を責め、昭格署を辞めます。

その頃、ホンジュはヒョソンに、〝魔医禁書〟の最後の貢を入手しましたか?重要なことが書かれているのでしょう?私にくださいと

ソヒョンから奪います。

プンヨンはヨニを訪ね、守るどころか傷つけてしまった。お前を守るのは私だと思っていた…
そばにいねばと思い込んでいた…それが前のためであり私たちの運命だと思った。
私の歪んだ責任感がお前を危険にさらした。これからは お前の幸せだけを祈ると告げます。

ヨニは、お願いです…これからは私のためでなく 自分のために生きてくださいと心の中で願います。

そして、ロウソクの火がともります。

ヒョンソは延命に使われた黒呪術が消えつつあり、命が危ない状況になります。

つづく

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋 あらすじ25話

(感想)

ロウソクに火が灯るたびにホンジュは弱るのね~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation