スポンサーリンク

王女未央 あらすじ3話

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ3話

李未央は翌日から春茗に作法を指導されますが、理不尽な教え方に

腹を立て春茗を打ち据えます。

そんな中、李未央の実母が体が悪いのに陽の当たらない南苑で暮らしていると聞いた李未央(馮心児)は会いに行こうとしますが、旦那様の許しなく南苑には入れないと止められます。

もうすぐ大奥様の60歳の誕生日があると聞いた李未央は贈り物をして頼んでみることにします。

李未央は獅子舞を披露して喜ばれます。

そんな中、兄である李敏峰は長楽に玉を渡します。

長楽は、これが 衞子夫ゆかりの玉ねと目を輝かせます。

李未央は、その玉が自分の誕生日におばあ様から贈られたものだと

分かり怒りで震えます。

つづく

王女未央 あらすじ3話

(感想)

馮心児の玉を見た時の悲しさは、痛いほど分かる😭

コメント

タイトルとURLをコピーしました