見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

花郎(ファラン)あらすじ20話

ジディはヨンシルの屋敷に忍び込み王の腕飾りを取り戻し

ヨンシルに、自分が顔なき王〝真興王〟だと明かし、次は命を奪いに来ると警告します。

仙門ではソヌが刺客に襲われます。

その頃、アンジは賎民の村で薬もないのに疫病と戦っていました。

アロは薬材を探していると、馬車が通りその荷物から薬材が落ちるのを見ます。

その薬材はヨンシルが買い占めていたのでした。

一方、フィギョンは只召太后に、あの子が無事なら何も望みませんでした。名も付けず生まれたことも伏せ静かに暮らせるように、…全ては太后様が始めたのです!と憤怒します。

叔明王女は自分の恋心に戸惑い、眠るソヌに思わず口づけをするのをアロは見てしまいます。

ソヌが刺客に襲われたことによって、スホは再び仲間と距離を置き始めたパンリュと刺客の関連を疑い、友として忠告をします。

そんな中、ウィファはヨンシルが疫病の薬材を買い占めていることを知り、ソヌとジディに2人で問題を解くように命じます。

つづく

花郎(ファラン)あらすじ20話(感想)

私、スホに魅力を感じるんだよね~💕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation