スポンサーリンク

王女未央 あらすじ5話

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ5話

「運命の再会」

高熱で山に捨てられた李未央は、狼から身を守るために岩陰に隠れていると、刺客から逃げてきた拓跋濬(高陽王)と鉢合わせになります。

李未央は意識を失い、拓跋濬おかげで旅館で解毒治療を受けて回復に向かいます。

彼女を救ったのは火の中から彼女を助け出した拓跋濬(たくばつしゅん)でした。

李未央は命の恩人との再会を喜び、拓跋濬に惹かれていきます。

そんなある朝、李未央が目覚めると拓跋濬はすでに去った後でした。

拓跋濬が置いていった扇子を手に取った李未央は、あの人にとって

私など ただの通りすがり…どうでもいいのね…私には恋なんて許されないわと思います。

母が重病だと伝えられた拓跋濬はすぐに向かいますが、母は元気で

顔を見たかったから嘘をついたと話します。

李未央は〝尚書の屋敷〟に戻ってきます。

つづく

王女未央 あらすじ5話

(感想)

未央は拓跋濬とお互いに惹かれあってたように思うけど…💓

コメント

タイトルとURLをコピーしました