見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

花郎(ファラン)あらすじ21話

ウィファとパンリュは酒に酔ったふりをし、ヨンシルの屋敷で

暴れ気を引きます。

その間にソヌとジディたちは、ヨンシルの蔵にある薬材を運び出します。

花郎たちはアンジのいる賎民の村に薬材を運びます。

翌日、スホはパンリュに、恩に着ると告げます。

一方、アロは只召太后に源花に命じられます。

只召太后は、私はお前を利用し花郎を掌握する。だが邪魔になったら

お前も殺すと告げます。

アロは恐怖に震えながら、太后様が この命を絶つまで生き延びます…何としても耐え抜き生きる道を探しますと答えます。

その頃、アロに命の危険が迫っていることを知ったソヌはフィギョンに助けを求めます。

フィギョンは、新羅の王室は危機に瀕する度 源花を立て不要になれば廃した。源花は王室に利用された後…皆 死んだ…と話します。

俺はどうしたらいい?と詰め寄るソヌにフィギョンは、真の王になる気はないか?王になれば妹の身を守ることができる。望む世に変えられ 友が二度と命を落とすこともない。真の王になるか?と迫ります。

ソヌは、何者だ?なぜそんな たわごとを言う?と聞きます。

フィギョンは、お前の父をよく知る者だ…と答えます。

ソヌは、父?一体誰だ?と聞きます。

フィギョンは、お前がソヌならアンジ殿だ。新羅一の名医で生粋の

王族…お前が真興なら立宗葛文王が父だ。だが お前がマンマン村の

犬鳥ムミョンならば 我が息子だと話します。

フィギョンはソヌに、私がお前の父だ…と衝撃的な事実を明かします。

ソヌはウィファに、俺が力を持てば…王ならアロを守れるか?王なら

大事なものを守れるか?と聞きます。

一方、パンリュとスヨンは幸せな甘い時間を過ごしていましたが、

スヨンの兄スホは2人の恋に大反対します。

そんな中、タンセは弟のハンソンを守るために祖父ヒョンジェから下された王の首を取る命令を果たそうとします。

しかし、ハンソンが気がつき、ソヌを助けようと毒のついた剣を握ってしまい死んでしまいます。

ソヌはハンソンを抱きしめながら涙を流します。

つづく

花郎(ファラン)あらすじ21話(感想)

やだー!!ハンソン死なないで😭😭😭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation