見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

花郎(ファラン)あらすじ22話

ハンソンはソヌを助けようとして死んでしまいます。

突然 死んでしまったハンソンを囲み、花郎たちは悲しみに暮れます。

ソヌは自害しようとしていたハンソンの兄タンセに、死にたいだろうが 死ぬな…俺にも分かる…その気持ちが…読めとハンソンが祖父に宛てて書いた手紙を渡します。

一方、只召太后はヨンシルと大臣たちから譲位を迫られます。

そんな中、アンジはフィギョンから、娘のアロが源花になったと聞かされショックを受けます

アンジは只召太后に、あなたの息子が王座に就くことはない。その前に我が子を王座に就かせますと宣言します。

只召太后は、賎民を母に持つ者が王座に就くと?許されると思うのか?と言います。

アンジは、誤解なさっていますね…あの子は王になる資格を備えています。チュンジョン…あの子はチュンジョンとフィギョン様の息子で新羅の王家の身分ですと明かします。

只召太后はソヌの正体を聞かされて切実な危機感を抱きます。

叔明王女は只召太后からある命令を下され、アロを連れてナムモ王女の墓を訪れます。

そこにアロを心配したソヌが現れます。

その時、アロはソヌの命を狙う矢を自ら受けてしまいます。

ジディは只召太后と大臣たちの前に姿を現わし、ついに自らが王であることを明かします。

ソヌはアロをアンジの元へ連れて行き、命は取り留めることができます。

何があったとアンジに聞かれたソヌは、太后が兵を…俺をかばい…矢に当たった…俺がいる限りアロはまた危険な目に遭う…太后はアロを利用すると答えます。

アンジは、どうする気だ?と問います。

ソヌはフィギョンに、あなたが父なら…母…俺にも…そんは人が?と

尋ねます。

フィギョンは、チュンジョン…新羅の源花だった…大変美しく 民に慕われた徳の高い人であった。源花は王室の脅威だった。王家の身分の子を身ごもったなら なおさらだ。あの日お前は あの人のお腹の中にいた…名もなきまま 王座とは無縁のまま自由に生きてほしかった。

それが お前を守る最善の策だった…ずっとお前を見守ってきた…

準備は整った。お前を王にする。お前は新羅の誰よりも強く 民の心を知っている。混乱する新羅を変える新たな王。それはお前だ!と

告げます。

一方、スホは父親に呼び出され、王様が戻られた。お前がすべきことがある…と告げられます。

その頃、仙門では、花郎たちが顔なき王が代わってジディだったと

噂になります。

つづく

花郎(ファラン)あらすじ22話(感想)

ソヌの正体が明かされたね~~

ジディとソヌ、2人の王… アロは2人の王に愛されてたのね😱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation