見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

花郎(ファラン)あらすじ23話

本物の真興王はジディだということが世間に広まり、都ではジディとソヌを比較する歌が流行します。

〝花郎の中の花郎はジディ様よ 王の中の王はソヌ〟と都中から聞こえてくるのでした。

一方、大臣のヨンシルはジディの前で王座に腰かけ、王を交代させるつもりですと宣言します。

ジディは彼の不遜な態度に憤りつつも、自分の無力さを思い知らされるのでした。

一方、ソヌは仙門を去ったウィファの元を訪れ、良き王になれるか?と聞きます。

ウィファは、道を行く3人のうち1人は今の王よりマシかもな…名分がなければ謀反に他ならぬ。名文がなければ争い 争いが起これば民は疲弊するだろう…お前が望むのは そのような王か?と問います。

ソヌは、いいえ。俺が望む王は守るべき民と、守るべき人を守れる者です。弱く 優しく傷つけられ 見放された人々を守れる王…教えてください。もし俺に名分があるなら、その人たちを守れるなら なろうと思います…王にと話します。

ジディは只召太后からソヌがフィギョンの息子だと聞かされ

驚きます。

そんな中、ジディはソヌもまた王となる資格を持つ聖骨(王家の身分)であることを知り、彼を呼び出して刀を向けます。

ジディはソヌに、あそこに座りたいのか?と問います。

ソヌは、お前が王座の主だと思うか?心の中で お前を何度も殺した…

俺の無二の友を死なせた 絶対に許せない奴だから…だが どうしても

お前を許せなかった。お前が王だと確信した時も 信じたくない自分がいた…と話します。

ジディは剣を床に落とし、私を殺して終わるなら…斬れ。だが私を殺せば終わるのか?それだけでは終わらぬはずだ。では権力者を殺せば終わるのか?いいや…結局は他の者が その座に就き横暴に振る舞う。

差すればまた殺りくを?お前と共に新羅を変えたかった…身分制度により命が失われぬ世にしたかった。この狭き新羅を出て三国統一の夢を描きたかった…だが ここで終わるなら斬れと告げます。

ソヌはジディの腕飾りを斬り、これで俺たちに貸し借りはなくなった…俺たちは進む道が違うと答えます。

ジディは、ならば 次に会うときは敵同士だな…と言います。

つづく

花郎(ファラン)あらすじ23話(感想)

ジディとソヌは、手を取り合って新羅を立て直そうと

してるんじゃないかしら~?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation