見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

花郎(ファラン)あらすじ24話(最終話)

ヨンシルは真興王の代わりにソヌを王位に就けて新羅を操ろうと目論んでいました。

ソヌはそんなヨンシルの元を訪れ、花郎と共に新羅の王を変えるつもりだと言います。

そんな中、スホは、侍女モヨンが只召太后のお茶に何か混ぜているのを見て、只召太后に飲まないように言います。

スホは言うことを聞かない只召太后の代わりにお茶を飲みます。

只召太后は、すぐには効かぬ毒だ…体に蓄積され症状が出る…と明かします。

スホは、そうと知りながら飲み続けたのですか?と聞きます。

只召太后は、前から感づいていたと言います。

一方、ジディはアロを軟禁し、お前は人質なのだ。お前の兄が王座を脅かさぬようにするために…と言います。

そして、ジディは、初めから私の花郎(ファラン)なのだ。今 掌握しなければ手に負えなくなる…と仙門に行きます。

そこに、ソヌも現れ、ファランは自由だ!ファランは自ら動く時

新羅の未来を思い描ける!王を支えるかどうかは我々が決めることだ!選ばれる自信がないのですか?と反旗を翻します。

そんな中、ウィファはソヌから協力を求められて仙門に戻り、新羅の未来を変えようと花郎に呼び掛けるのでした。

やがて只召太后が真興王へ正式に譲位する日がやってきます。

真興王(ジディ)が王座に座るとヨンシルが、そこまで!誠にその座の主だとお考えですですか?我々の考えは異なります。フィギョン様のご子息ソヌを王に推挙しますと告げます。

そして、ソヌがファランを率いてやってきます。

〝我ら花郎は新たな新羅を築く王を選びました。我らはこの場で新羅を強くし民の意を酌み得る王様に忠誠を誓います。花郎は新羅の民として新羅と その主君のため忠誠を尽くせ。真興王 万歳!真興王 万歳!〟とソヌと花郎たちは叫びます。

ソヌはヨンシルに剣を向け、王様のお命を狙い 謀反を企てたヨンシルはその報いを受けよ!と告げます。

只召太后は意識を失いアンジが呼ばれます。

只召太后はアンジに、そなたに話がある…そなたの手で死にたかった…以前…なぜ茶を飲むなと言った?確かに 私を案じてくれた。

忘れようとしたが忘れられなかった…いくら努力しても どうしても

離すことができなかった…と虫の息で話します。

アンジは、憎もうとしました…殺そうともしました。ですが…できませんでしたと答えます。

只召太后は、すまない…と言うと息を引き取ります。

その頃、アロは真興王から〝私を憎んだか?お前をヨンシルから守るため閉じ込めたのだ。お前に会えば手放したくなりそうで 書状をしたためた。行け 待たせずに あいつのもとへ〟と手紙を渡されます。

アロはソヌのもとに走ります。

そしてソヌもアロのもとに向かっていました。

2人は抱きしめ合います。

ソヌは、これからは1人にしない約束すると口づけます。

花郎(ファラン)あらすじ24話(最終話)(感想)

花郎ファランのOTS(ドラマ挿入歌)がとても気に入りましたね~

V&JIN(防弾少年団)の〝死んでもキミ〟だったっけ?

好きになっちゃいました💘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation