スポンサーリンク

王女未央 あらすじ25話

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ25話

「仕掛けられた罠」

李未央は狩で一番になり、叱雲南(しつうんなん)の謀反を太武帝に

告発したいと考えていました。

狩の最終日の朝、君桃は李未央に、猟場は毒蛇などが多いですから、

万一に備え持参してくださいと解毒薬を渡します。

一方、拓跋翰(東平王)は猟場に落とし穴を作らせ、拓跋濬(高陽王)を狙っていました。

拓跋翰(東平王)は李未央の矢を盗み、李未央の獲った獲物にして

1番にさせてやろうとしていました。

そんな中、李敏徳は拓跋迪(たくばつてき)が皇女だと気がつきます。

東平王は高陽王を落とし穴がある方へ誘い込みます。

高陽王は落とし穴に落ち、毒蛇に噛まれてしまいます。

李未央の獲物が1番多かったので、太武帝に願いを申し出ようとしたその時、拓跋濬(高陽王)が行方不明になったと伝えられます。

捜しに行った李未央は、何者かに林の中へ おびき出され深い落とし穴に落ちてしまいます。

その穴の中で李未央は、毒蛇に咬まれ意識を失った拓跋濬(高陽王)を見つけ、君桃から渡された解毒剤を口移しで飲ませ、懸命に看病します。

一方、叱雲南は李未央が奏状を持っていると気がつき、手下に奪ってくるように命じます。

その頃、君桃と白芷は李未央が高陽王を捜しに行ったきり戻らず、

李未央の身に何かあったかもしれないと李敏徳に知らせ一緒に捜します。

李敏徳は、落とし穴にいた李未央と高陽王を見つけます。

そんな中、長楽はかんざしを落とし穴の近くに落としたことに気がつき、探しに戻ります。

李未央は高陽王を穴に置いたまま、李敏徳と穴から出ます。

つづく

王女未央 あらすじ25話

(感想)

李未央はなぜ高陽王を穴の中に置いたままにしたのだろう⁉️

それを長楽は見ていたけど、何か企みそうで怖い😱

コメント

タイトルとURLをコピーしました