ミーユエ 王朝を照らす月を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ!
U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。
見落とした方はどうぞ!
↓ ↓ ↓
U-NEXTで ミーユエ 王朝を照らす月を視聴する!

ミーユエ 王朝を照らす月 DVDレンタルできます!

TSUTAYA ならネットでDVDをレンタルできます。
レンタルショップに出向いて探す必要がないので便利です。

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

ミーユエ王朝を照らす月あらすじ68話

「太后誕生」

稷が即位し、ミーユエが摂政になり〝太后〟の尊号で呼ばれることになります。

ミーユエの41年に及ぶ執政が始まる。史書では宣太后(せんたいこう)と呼ばれる。

しかし、いまだ公子らによる内乱は続き、函谷関外に兵を駐屯させる各国は秦の混乱に乗じて侵攻をもくろんでいるのでした。

恵后は華公子と手を組み、華の駐屯地の雍に身を移し、華に王位を約束し、守旧派の支持獲得を狙い旧制度の復活を宣言します。

華は恵后から命を受け他の公子らと咸陽討伐に向かったと伝えられます。

ミーユエは義渠の兵や白起らにこれを迎撃させ、各国の使者を咸陽に呼び交渉を試みることにします。

ミーユエは一番最初に燕の使者・蘇秦と交渉を始めます。

つづく

ミーユエ王朝を照らす月あらすじ68話

(感想)

ミーユエの執政が41年に及ぶってことは、稷は50歳近いよね~😩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation