ミーユエ 王朝を照らす月を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ!
U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。
見落とした方はどうぞ!
↓ ↓ ↓
U-NEXTで ミーユエ 王朝を照らす月を視聴する!

ミーユエ 王朝を照らす月 DVDレンタルできます!

TSUTAYA ならネットでDVDをレンタルできます。
レンタルショップに出向いて探す必要がないので便利です。

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

ミーユエ王朝を照らす月あらすじ69話

「苦渋の外交」

ミーユエは蘇秦に、蘇秦殿は私と息子の恩人でもあります。やっと恩を返せる時が来ました。かつて 子之の乱が起きた際に燕は斉軍により国土を蹂躙されました。秦が安定を得た暁には燕の恨みを晴らすべく諸国へ働きかけて斉を討とうと思っていますと話します。

蘇秦は、斉は燕の併合をもくろんでおります。秦をはじめ諸国の助力を得れば斉を討てましょうと感謝します。

ミーユエは、この約束は必ず果たしますと約束します。

2番目は、楚の使者が呼ばれます

ミーユエは各国の使者と交渉し、領土割譲を条件に函谷関から兵を撤退させます。

甘茂はミーユエの独断での決定を非難します。

しかし、ミーユエに激しく叱責され右相の職を辞任します。

樗里疾を訪ねた甘茂は、旧制度を復活させれば公子たちの反乱も収まり、諸国の標的の的とならずに済むと話します。

樗里疾は秦は最も歴史が浅い国だ。特権を享受するだけの王族に頼っていれば秦はとっくに滅んでいた!変法の堅持こそ秦の発展の道と主張し、そなたは必要ないと甘茂を追い返します。

翌日、仮病で朝議を欠席した甘茂派の臣下に対しミーユエは、

はやり病の知らせは受けていない。一斉に病に倒れるとは心配であるな。休んでいる者の屋敷へ侍医を送り治療を受けさせよ。心の病を得ているのかもしれぬ。養生に専念するよう伝えよ。職務を全うする気がないなら二度と朝議に出ずともよい。邪魔なだけだと言い放ちます。

樗里疾は、太后 ご英断ですと答えます。

つづく

ミーユエ王朝を照らす月あらすじ69話

(感想)

ミーユエが寝殿に義渠君を出入りさせていることが

気に入らない臣下もいるよね~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation