ミーユエ 王朝を照らす月を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ!
U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。
見落とした方はどうぞ!
↓ ↓ ↓
U-NEXTで ミーユエ 王朝を照らす月を視聴する!

ミーユエ 王朝を照らす月 DVDレンタルできます!

TSUTAYA ならネットでDVDをレンタルできます。
レンタルショップに出向いて探す必要がないので便利です。

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

ミーユエ王朝を照らす月あらすじ73話

「祖国からの使者」

ミーユエは商鞅(しょうおう)の法の改正を発表します。

そんな中、楚から輿入れの隊列と人質が到着する頃、人質のお付きの使者が黄歇だと聞いたミーユエは、食事が取れないほど動揺します。

人質の横太子に会った後、話したいことがあるからと黄歇に残るように言います。

ミーユエは黄歇に、あれから 無事で暮らしてた?ずっと気になってた…と目を潤ませます。

黄歇も目を潤ませ、泣いてはダメだ。君はもう太后だろう…と言います。

ミーユエは、そうよ…私は太后…でも 今だけはユエに戻って泣きたいの…うれしいわ…また会えるなんて…と2人だけが知っている楚での思い出を語ります。

黄歇は、秦での苦労は 全て聞いた。義渠君に助けられたとか…と

言います。

ミーユエは、そうよ…命を救ってくれた彼と共に生きようと決めたの…と話します。

黄歇は、彼に感謝するが、正直 羨ましくもある。彼は君に尽くし

君を守り君と寄り添い 生きてゆけるのだから…と言います。

ミーユエは、やめて…この生涯で私を最も理解してくれるのはあなたなの…と見つめます。

黄歇は、私にとっても 同じだよと答えます。

ミーユエは、このまま秦にいてほしいと言います。

黄歇は、私は楚の家臣。人質の付き人だ…と答えます。

ミーユエは、楚が何だというの。分かっているはずよ。楚は腐敗しきっている。秦に残れば 右相にするわと提案します。

黄歇はそれを断り、秦にいる間だけは君を助けようと約束します。

その頃、咸陽では気性が荒い義渠人の無銭飲食や乱暴が問題になっていて、ついに禁軍と乱闘になってしまいます。

頭を痛めるミーユエは黄歇からの提案どおり、秦軍に義渠軍の騎馬術を学ばせると共に、義渠の軍営を咸陽外に移させ、軍営内での自治を

するように義渠君を説得します。

つづく

ミーユエ王朝を照らす月あらすじ73話

(感想)

初恋は実らない…という言葉があるけど、

ミーユエと黄歇はきっとこのまま純愛を貫き通すのかな〜😭

黄歇はミーユエにとって、必要な頭脳を持っているし、手放したくないよね🤔

ミーユエは強い女なんだけど、男が守りたくなるような魔性の女かもしれない…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation