ミーユエ 王朝を照らす月を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ!
U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。
見落とした方はどうぞ!
↓ ↓ ↓
U-NEXTで ミーユエ 王朝を照らす月を視聴する!

ミーユエ 王朝を照らす月 DVDレンタルできます!

TSUTAYA ならネットでDVDをレンタルできます。
レンタルショップに出向いて探す必要がないので便利です。

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

ミーユエ王朝を照らす月あらすじ74話

「草原の誓い」

義渠君は義渠の軍営を咸陽外に移したのは黄歇の案だったと臣下から聞かされ、黄歇に会いに行きます。

義渠君は黄歇に、聞きたいことがある。男たるもの思い切りが肝心だろう。4年前 燕で俺は潔く身を引いた。ミーユエが貴殿を選んだからだ。でも 今は違う。ユエは俺の女だ。未練がましいぞと腹を立てます。

黄歇は、誤解があるようだ。私は楚王の命を受けたまで。人質である黄太子の付き添いだと答えます。

義渠君は、思惑がないというなら、別の者と役目を交代し貴殿は楚に帰ってくれと言います。

黄歇は、太后との仲を疑っているのだな。ユエは何事も公正明大だ。

ユエを思うならば信じるべきではないか?と言います。

義渠君は、今すぐ秦を離れてくれと言います。

黄歇は、私の滞在や帰国は貴殿が決めることではないと答えます。

義渠君は、じゃ 誰が決めることだ?と問います。

そこにミーユエと稷が現れ、私よ!午後 軍営を慰問したけどいなかったわね。駅館に出かけたと聞いたわ。いつからここに?と聞きます。

義渠君は、午後からずっとだ。黄歇と飲んでいたと答えます。

ミーユエは義渠君についてくるように言うと、黄歇は楚の使者よ。用が済めば帰るわと言います。

義渠君は、お前は今でも あの男を思っている。だからこそ毎日のように王宮に呼ぶのだ!と嫉妬します。

ミーユエは、そう思いたいなら ご勝手に…と言います。

義渠君は、俺は言いなりになると思っているんだろう!と怒鳴ります。

ミーユエは、あなたは人の言うことなど聞かないでしょ!と言い合いになります。

義渠君ミーユエに不満をぶちまけ草原に戻っていきます。

数日後、ミーユエは懐妊が分かり義渠君に伝えると、2人は草原の天の下に永遠の誓いを立て夫婦となります。

ミーユエは秦に戻り、朝議に集まった臣下の前で〝数ヶ月前 枕元にに先王が現れて、嬴家の子孫が少ないことを嘆いておられた。それで夢に現れ子孫を残されたのだ。先王の子を懐妊した〟と告げると その場を去ります。

納得しない臣下に庸芮は黄歇の進言通り、鳥の卵をのんで懐妊したという始祖神話や斉王室の例を挙げて、生まれる子供に嬴姓を名乗らせることを納得させるのでした。

つづく

ミーユエ王朝を照らす月あらすじ74話

(感想)

庸芮は、斉は 元々は姜子牙の領土で、王は代々 姜姓だった。だが

今の王室は田姓だ。斉の臣だった田成子は王座を狙っていた。だが 一族の力は弱く徒党も組めない。そこで策を講じた。側室を集め、

客を招き自由に遊ばせたのだ。数年で息子は70人。一族は増えて勢力も増した結果、斉の実権を手にしていると臣下たちの説得に成功するの。

ミーユエのお腹の子は義渠君だとみんな知っていても

何も言えない事情があるのね~~🤣🤣🤣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation