ミーユエ 王朝を照らす月を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ!
U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。
見落とした方はどうぞ!
↓ ↓ ↓
U-NEXTで ミーユエ 王朝を照らす月を視聴する!

ミーユエ 王朝を照らす月 DVDレンタルできます!

TSUTAYA ならネットでDVDをレンタルできます。
レンタルショップに出向いて探す必要がないので便利です。

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

ミーユエ王朝を照らす月あらすじ75話

「母の愛」

稷は母ミーユエの懐妊に反発します。

ミーユエは稷に、あなたが生まれる時には悪意ある者が、あなたを亡き者にすべく謀略の限りを尽くした…私は あなたのために死ぬ覚悟で乗り越えてきたの。私の大切な息子だもの。当時と違って私は太后となった。それなのに お腹の命が再び狙われるの?この子はあなたの兄弟なのよと話します。

稷(しょく)は、一族には兄弟が大勢います。

ミーユエは、ええ…隙あらば あなたの命を狙っている者たちがね!

私のお腹の子より、そんな兄弟のほうが大切なの?と問います。

稷は、私が許せないのは お腹の子ではなく 母上が父上をないがしろにしたことです!と責めます。

ミーユエは、亡くなった人のために新しい命を摘めと?と激怒します。

冉(ぜん)は稷に、太后が出産を諦めぬ理由がお分かりですか?それは大王には兄弟がおらず孤独ではと心配されたからです。同じ母から生まれた兄弟は心を分かち合えると考えている。母が同じだと父親が違っても兄弟で争うことはない。しかし、父が同じでも母が異なれば兄弟は争う。同じ母から生まれた兄弟こそ真の同胞。父を同じくする兄弟には利害生じる。だからこそ 太后は大王に兄弟を残したいのですと話します。

翌朝、稷はミーユエの母としての思いを知り、さらに手作りの好物を届けられミーユエと仲直りをします。

月日が経ちミーユエは男児を無事に出産します。

義渠君を含む臣下たちはかつて割譲した土地を次々と奪回し、

秦は次の目標を大国楚に定めます。

その頃、楚の南后は息子の子蘭を太子に擁立すべく、秦にいる横太子を陥れる策を練ります。

酒場で乱闘に居合わせた横太子は殺人の濡れ衣を着せられ、黄歇は太子を逃がします。

つづく

ミーユエ王朝を照らす月あらすじ75話

(感想)

ミーユエは息子の稷も含め、男を操るのが上手だよね~~🤗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation